脂質異常症の原因と治療法について

スポンサーリンク
Pocket

 

最近、コレステロールについての考え方が少し混乱していることにお気づきですか?

原因の一つには、話題のメタボリックシンドロームの診断基準に、総コレステロールについて以前は、何も決められていなかったことにあります。血液中の善玉(HDL)コレステロールが40mg/dl未満であることだけが診断の基準になっていたのです。

また、コレステロール値の検査基準値(従来は正常値とよばれていたもの)が数年前より“ゆるやか”になっています。これを不思議に思ったことはありませんか?

では、「総コレステロール値」の意義は薄らいだのでしょうか?けっして、そうではありません!高(総)コレステロール血症の人に、狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患が多いという事実は、変わっていないのです。

では、総コレステロールの基準値が上昇したり、メタボリックシンドロームの診断基準からはずされたりしたのは、なぜでしょうか?その理由として、研究が進んだ結果、高コレステロール血症と高中性脂肪症とは、病的な意義が異なることが明らかになってきたことがあげられます。

じつは、コレステロールの必要量のうち、食事から取り入れるのは約30%で、1日約300mg程度です。残りの70%は、主に肝臓で、他の栄養素を原料にして合成されたものなのです。

コレステロールの代謝過程は、生まれもった体質が大きく影響します。痩せた人でも総コレステロール値の高い人が多いのは、このためです。もちろん脂肪組織は多くのコレステロールを含みますから、肥満の人にも高コレステロールが多いわけです。

これに対して、中性脂肪の増加は、過剰なエネルギー摂取の結果であることが多く、メタボリックシンドロームの内臓脂肪蓄積が肥満の人に多いのはそのためです。高コレステロールの原因と対策について詳しく紹介しますので、コレステロールについての新しい視点をもち、積極的に食事の改善を実行してみてください。

脂質異常症とは?

コレステロールは生きていくために欠かせない栄養素です。コレステロールは、タンパク質や糖質とともに、三大栄養素と呼ばれる脂質の一種です。「コレステロール値が高い」という表現をするためか、ついコレステロールは体によくないものと考えてしまいがちですが、本当は健康を維持するために必要不可欠なものなのです。

細胞膜を構成する成分

体は約60兆個もの細胞から成り立っています。それぞれの細胞は、細胞膜という膜をもち、みずからを外部から守り、それぞれの役割を果たしているのです。

細胞膜は、単に内部と外部を分けているのではなく、細胞内部に必要なものだけを取り込み、不要なものは取り込まないというすぐれた性質があります。この細胞膜の一つが、コレステロールです。

ホルモンの材料となる

コレステロールは、数々のホルモンの材料として使われています。コレステロールを材料として作られるホルモンは、腎臓皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンなど。健康な体を維持するため、コレステロールは体のいろいろな部分で活躍しています。

胆汁酸の材料となる

食べ物などから摂取した脂質は、膵臓から分泌されるリパーゼという消化酵素によって消化されます。このとき、水に溶けにくい脂質を溶けやすくしたり、リパーゼを活性化させたりして消化吸収を助けるのが、コレステロールを材料として肝臓で作られる胆汁酸です。

1日に必要なコレステロール

1日に必要なコレステロールは1~15gです。食べ物から摂取されるコレステロールは、その30%程度。体内で利用されているコレステロールは、約70%が体内で作られます。

脂質異常症の原因は?

高脂血症は生活習慣と密接な関係があります。コレステロールそのものは体に必要なものであり、けっして悪いものではありません。体内の悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールのバランスが大切なのです。

高エネルギー、高脂質、アルコールのとり過ぎや不規則な食生活を送っていると、

LDLとHDLのバランスがくずれ、高脂血症を起こしてしまいます。こういった生活習慣が原因となるケースは年々増加傾向にあり、しかも働き盛りの30歳代以降の男性に多くみられます。

背景として、食生活の欧米化により若年層を中心に脂質が多く野菜類の少ない食事が好まれていることや、外食の機会が多いライフスタイルを送っている人が増えていることなどがかんがえられます。

体内のコレステロールが多くなっているのは、

肝機能の低下などでコレステロールを調整する機能が低下している、加齢や遺伝による体質などでコレステロールの量をコントロールできない、といったことが考えられます。

体内ではできるだけHDLの量を増やし、LDLの量を下げること、さらにはLDLが活性酵素によって酸化されるのを伏せ部食材をとるなど、主に食事を中心とした生活習慣の改善を心がけることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です