アドセンスの広告枠の作リ方

スポンサーリンク
Pocket

 

アドセンスでは色々なサイズの広告が用意されているので自分のブログのサイズに合った広告を作成していきます。

カスタムチャネルという設定をする事でサイドバーや記事下、記事中に設置した広告のレポートを見る事ができます。

アドセンスの広告枠の作成方法と手順

Googleアドセンスの管理画面から「広告の設定」をクリックし、「新しい広告ユニット」をクリック。

広告に名前を付けて広告のサイズを決めます。広告に名前を付けて管理しやすくするためなので、分かりやすい名前にします。「ブログ名+掲載位置(side,bottom)」で名前を付けます。

最初に表示されている広告サイズはアドセンスの推奨サイズの広告です。「推奨」と書かれたボタンを切り替えれば別のサイズも・・・・。

広告タイプの選択とその他の設定

広告タイプの選択。アドセンスで表示される広告には「テキスト広告」と「ディスプレイ(画像)広告」がありますが、「テキスト広告とディスプレイ広告」がデフォルトで設定されています。

「テキスト広告のスタイル」は、「ディスプレイ広告」又は「テキスト広告」どちらかが表示されます。

「テキスト広告」は、スタイル(リンクの色や背景色等)を設定できます。複数のスタイルが用意されているのでそこから選んでも、初期状態のままでもOKです。

テキスト広告のスタイルの設定は自分のサイトと違和感のないような色を選ぶ事でクリック率も・・・・。

「広告スタイルの作成」をクリックしてリンクの色や背景色、フォントのサイズ等を自分で変更する事もできます。広告スタイルの作成ができたら「保存」を忘れずに・・・・。

カスタムチャネルの設定

作成する広告に「カスタムチャネルの設定」というのをしておくと、設置した広告それぞれのレポートを個別に見る事ができます。

この設定は広告を作成して貼り付け後でも設定できます。

代替広告の設定

代替広告はアドセンスの広告が表示できない場合に何を表示するか?という設定です。デフォルトでは空白が選択されています。自分で別の広告を設定して表示させる事もできます。

設定の保存と広告コードの取得

設定が終わったら一番下の「保存してコードを取得」をクリックすると広告のコードが表示されますが、ここで「コードタイプ」という項目ですが、「非同期」と「同期」が選択できるようになっています。「非同期」を選択します。

デフォルトの「非同期」にしておくとサイトの表示スピードに影響がでないというメリットがありますのでデフォルトのまま「非同期」を選択する事をおすすめします。

表示されているコードをコピーしてブログに貼り付ければ完成です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください