新アドセンスの最適化「ページ単位の広告」

スポンサーリンク
Pocket

 

スマホでしか表示されない、しかもクリック率が上がる広告を設定できる様です。全画面表示の広告を掲載しても、SEO的に問題はないのか・・・・??

ページ単位の広告とは

Googleが提案しているフォーマットは2種類あります。一つは、アンカー広告。もう一つは、モバイル全画面広告です。

アンカー広告

f:id:apoptosis35:20170323194042p:plain:w200

モバイル画面の下に出てくる広告になります。ページをスライドさせても広告がついてくるので、常に広告が表示されている状態になります。(もちろんユーザーは1タッチで広告を消すこともできます)ハイエンドの携帯端末上でスマホ用に最適化されたサイトに表示されるようになります。アドセンス側で任意のタイミングで表示されます。

モバイル全画面広告

f:id:apoptosis35:20170323201724p:plain:w200

スマホの画面いっぱいに表示される広告です。右上の広告を閉じるボタンで広告を閉じることができます。表示されるタイミングとしては、ユーザーがページを離れる際に表示されます。こちらの広告も、ハイエンドの携帯端末上でスマホ用に最適化されたサイトに表示されるようになります。

 

「ページ単位の広告」の効果

  • アンカー広告:表示回数は多いが、クリック率は低い
  • 全画面広告:表示回数は少ないが、クリック率は高い

SEO的に問題はないのか・・・・

広告ばかり載せてSEO的には悪くなってしまうのではないかという心配があります。

検索順位が下がったら、広告表示回数やクリック率が上がっても収益増加にはつながらなくなってしまいます。

基本的には全画面広告など、ユーザーにとっては嫌われています。ですが、直接的にSEOに影響している訳ではないようです。

全画面広告を設置している方も、表示回数やクリック率を見るとそこまで影響はないと判断しているみたいです。

「ページ単位の広告」の貼り方

アドセンスのホーム画面より、ページ単位の広告をクリックします。ここで、ページ単位の広告のタブがない方は、しばらく待っか、収益を上げるとGoogleAdSense側から最適化案で提案されます。すると下図の画像のように表示されるようになります。

f:id:apoptosis35:20170323212721p:plain

次に、アンカー広告、全画面広告のステータスをONにします。両方広告表示させたい方は、両方のステータスをONにします。ステータスを決定したら、コードを取得ボタンを押します。

f:id:apoptosis35:20170323214036p:plain

広告のコードが表示されますのでこれをコピーします。サイトに広告コードを貼り付ければ完了となります。

※注意点として、サイトのヘッダー部に貼り付けるようにします。(header.phpの中の「<head>~</head>」の部分が「ヘッダ」です。)

正しく設置されているかチェックする

自分のサイトに広告コードを貼ったら、アンカー広告や全画面広告が正しく表示されるか確認します。ページ単位の広告は、毎回表示される訳ではないため、決まった方法で確認することができます。

※確認するにはスマホを使用する必要があります。

①スマホで広告を設置したサイトのURLを入力します。

②自分のサイトURLの末尾に「#googleads」を入力します。

③するとサイトトップ上に以下のような表示が出てきます。英語表記ですので、タップして日本語を選びます。

④アンカー広告に関してはすでにスマホの下部に広告が表示されています。

⑤全画面広告に関しては、自分のサイトにあるリンク(紫色になっている)をクリックすると表示されます。

 

f:id:apoptosis35:20170323224202p:plain:w500

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です