Quick AdSense Reloadedのおすすめ設定

スポンサーリンク
Pocket

 

「思ったようなパフォーマンスを得られていない」という方はこの機会に見直してみては・・・・?

おすすめの広告サイズは?

Googleが推奨する広告サイズは以下になりますが・・・・

  • レクタングル中(300×200)
  • レクタングル大(336×280)
  • ビッグバナー(728×90)
  • ハーフページ(300×600)
  • モバイルバナー大(320×100)

スマホでの閲覧者の方が多いため、必然的にレクタングル大レクタングル中の2択に絞られると思います。

レクタングル中ではなく、レクタングル大を選択するの理由は・・・・

  • レクタングル中と比べてクリック単価が高い
  • レクタングル中の広告も表示される(逆にレクタングル中では、レクタングル大の広告を表示できない)

この2点になります。

レクタングル大は、一部の小さいスマホ端末では「はみ出る」というデメリットも・・・

※PC画面での表示はレクタングル大、スマホ画面の表示はレクタングル中、となるように広告を切り替える手法が紹介されています。

記事中でもAdsenseをPCとスマホで切り替えOK!レスポンシブ広告ユニット

広告の配置

基本的には下記の図のように記事内に2つ(短い記事の場合は1つ)、それと記事が終わった直後に1つ、の合計3つの広告を挿入します。

4

サイドバーにはアドセンス広告を掲載しません。スマホで表示した場合、サイドバーが下に追いやられてしまい、必然的に目立たなくなります。

※記事内のアドセンスは手動で挿入しますが、QUADSの簡易ボタンで簡単に挿入できます。

Quick AdSense Reloadedの設定

1、QUADSの設定画面を開き、「Adsense Code」タブでアドセンスのコードを3つ貼り付けます。張り付ける場所は ad1 ~ ad3 です。

5

2、「General Settings」タブを開き、「End of Post」に ad1 ~ ad3 のいずれかを割り当てます。これで記事の直後に自動的にアドセンスが挿入されることになります。

7

3、未割当の残り2つのアドセンスは手動で割り当てます。

毎回記事を編集する際に、ツールバーに表示された「ad1」、「ad2」、「ad3」のいずれかのボタンを押すと、自分の好きな位置にアドセンスを挿入することができます。

8

コンテンツと近づきすぎないように、ある程度のマージン(余白)をアドセンスの上下に入れると良いと思います。

※ファーストビューにアドセンスが入らないように、H3H4タグの直前に挿入するようにするといいです。

※ロリポップサーバを使用している方は、QUADSの設定を保存するタイミングでエラー画面が表示されることがあります。これはWAFの機能が有効になっているためで、WAFを無効にすると、10分ほど待てば保存できるようになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください