WordPress広告掲載箇所について

スポンサーリンク
Pocket

 

広告コードを取得したら、次は、そのコードをブログに配置しなければなりません。

【サイドバー】
WordPressでは、サイドバーに「広告」を貼る場合、管理画面のメニュー「外観」⇒「ウィジェット」から、おこないます(下図参考)利用するのは、「テキスト・ウィジェット」です。本文に「広告コード」を貼り付けます。

【記事内部】
記事内部への広告掲載は、基本、各記事(投稿)の編集画面にて、任意の場所に「広告コード」を貼り付けます(他のブログサービス・Webサイトでも同様)

【記事の最下部】
記事の最下部に、全記事共通の広告を掲載したい場合、記事ページのテンプレートファイルを編集します。

以下が、記事ページのテンプレートファイルです。

「wordpress/wp-content/themes/●●●/single.php」

※「●●●」:利用中のテーマ名です、下記を参考に、赤文字部分に、広告コードを貼り付けます。

<?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?><?

php get_template_part( ‘content’, get_post_format() ); ?>

広告コード

 

※記事ごとに、表示させる広告を変えたい場合は、各記事(投稿)の編集画面にて設定します。

※「A8.net」のように、何らかの成約(商品の購入など)によって、報酬が発生する「成約報酬形態」では、広告の配置位置は、記事内部と下部がおすすめです。

なぜなら、Webページに訪れてくるユーザーは、記事を読み進めていけばいくほど、「アクション率」は高まるといったデータがあります。

この時、「ヘッダー」部分に、商品の広告リンクが表示されていたとして、ユーザーは、その広告をクリックして、購入・・・・?

一方で、コンテンツによって、商品のメリットが分かりやすくまとめられていて、他の商品と比べても、どれだけこの商品が良いか・・・、上手く訴求できていたら・・・

その後にアフィリエイト・リンクが表示されていた場合・・・・どちらが購入率が高い・・・・?

上記の理由で、「成約報酬形態」の場合、広告の掲載位置は、記事の内部か下部がおすすめなです。

また、逆に、「クリック課金型」では、ヘッダー部分や、サイドバー右上部がおすすめの配置です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください