SEOに適したパーマリンクとは・・・・

スポンサーリンク
Pocket

パーマリンクとは・・・・

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことです。特に、ブログにおける個々のエントリーに対して割り当てられたURLを指すことが多いです。

SEOに適したパーマリンクとは・・・・

パーマリンクに正解はありません。なのでSEOに適したパーマリンクというのは難しいのですが、Googleのアナウンスが参考になります。

※Googleでアナウンスしているから、必ず大きな検索順位の変化が起こるわけではありません。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、

(正)
http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

(誤)
ttp://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41dのような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

Source : ウェブマスター ツール ヘルプ

SEOに適したパーマリンクの例

私は上記のGoogleのガイドラインを見る限り、以下のような形のパーマリンクがもっともよいのではないかと考えています。

http://トップレベルドメイン/投稿名/

このようにドメインの次にそのまま記事の投稿名が続くような形です。またトップレベルドメイン、投稿名共に英小文字のURLががいいのではないかと考えます。

このURLの形ならば非常にシンプルであり、またURLを見ただけで内容が推測できます。さらにWordPressやMovable Type等、複数のブログサービスを乗り換えても変わる可能性が少ないパーマリンクだと思っています。

もしサイトにアップするコンテンツが決まっており、不変であるならば、以下のような形式も悪くないかもしれません。

http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名

ドメインと投稿名の間にカテゴリー名を含めた形です。
設定次第では投稿名のみよりわかりやすいURLになると思います。

日本語検索サイトの実に95%以上がGoogleの検索エンジンを使用しています.。

端的に言えば、このGoogleの検索エンジンに評価されるようにすることこそ、日本語サイトにおける SEO と言えるのです。

キーワードレベルで伝えることは SEO にとって非常に重要です。なぜなら、キーワード毎の検索順位がサイトへのアクセス数を左右し、想定キーワードでの検索順位をアップさせることが SEO の主目的だからです。

SEOの手法は大きく2通りあります。

一つは、ページの内容をキーワードに分解し、検索エンジンが理解しやすいように一部書き換えてあげる「内部SEO」で、もう一つが、他のサイトのページからリンクを貼ることで、特定のキーワードで評価を高めるようにする「外部SEO」です。

内部SEO

ページの一部を書き換えると言っても、原則、ページ本文には手を加えません。内部SEO では、ページの本文の内容から考えて妥当と思われるキーワードを2〜5個程度を抽出し、そのキーワードを含んだページタイトルや METAタグと言われるホームページの言語の一部を書き換えるなどによって、抽出したキーワードに関連する検索順位をアップすることが可能です。

外部SEO

ページの内容や言語は一切いじらず、検索順位を上げようとするキーワードにジャンルが近い「別サイト」を使い、この別サイトから検索順位を上げたいサイトやページに対してリンクを貼ります。この時、検索順位を上げたいキーワードを含むリンクを設定することで、そのキーワードに関連する検索順位をアップすることができます。

※外部SEO はGoogleが嫌う代表的な手法で、検索順位が低下するだけでなく、検索順位付け自体から外される「ペナルティ」対象サイトにされてしまうこともあるので注意が必要です。

SEOでできること(内部SEO )

注意しなければならない点は、検索順位が上がってもサイトやページアクセスが増えるとは限らないということです。

SEOは何を変えると検索順位が上がるの?

一般的なホームページは、自ら制作したもの、業者が制作したものを問わず、SEOの観点から見ると非常に弱いと言えます。

ホームページ制作のプロに依頼すれば、通常レベルの SEO になると考える方も多いのですが、実際は SEOとしては全く期待できないレベルがほとんどです。

ホームページは一つ一つのページの集合体ですが、その個別ページ毎に SEO の対策をすることになります。

それぞれの個別ページは、htmlという言語で書かれていますが、SEOでは、この言語のいくつかを書き換えてあげることで、Google などの検索エンジンが理解しやすくしてあげることができます。

書き換えポイントについて具体的に触れてみることにします

個別ページのhtml言語(ソースと言います)を見ると、大きく「head部分」「body部分」の2つのパーツに分かれています。

「head部分」には、ページの情報やページを表示させる際に読み込むファイルや表示ルールなどが記載されている。

「body部分」には、ページのヘッダー・本文・フッターなどの情報が記載されています。

既存のサイト(ページ)に SEOを行う際に重要となるのは、この内の「head部分」となり、この部分を検索エンジンが理解しやすいように書き換えていきます。

「head部分」で検索順位に大きく影響を与える部分は次の3つ

  1. title〜 始まるタイトルタグの部分
  2. meta name=”Description”〜 始まるMETAタグの部分
  3. meta name=”Keywords”〜 始まるMETAタグの部分
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です