屋外での食中毒予防!夏のバーベキューもこれで安心

スポンサーリンク
Pocket

 

キャンプやハイキングなど、アウトドアの絶好のシーズンである夏は、バーベキューのような屋外での食事が多くなります。

たとえ山や海へ出かけなくとも、夏祭の縁日で、焼きそばや焼きとうもろこしなどを食べる機会は多くなります。

そこで気になるのが、食中毒の問題です。夏に発生しやすいのは家庭内でも同じですが、屋外では多くの人が同じ料理を食べるため、集団発生が、起こりやすくなります。

  ウシやヒツジには無害な細菌でも、ヒトの身体に入ると・・・・

食中毒を引き起こす病原微生物の細菌類にとって、増殖するのに適した環境だと言えるのが、動物の体温と同じくらいの気温と、高い湿度です。高温多湿の日本の夏は、この条件を満たしているため、食中毒が起きやすい環境です。その結果、残念ながら毎年のように、大きなニュースとして報じられています。

細菌類の中でも要注意なのが、O-157やO-111などの腸管出血性大腸菌です。

ウシやヒツジの大腸内では害を及ぼさず、ごく普通に存在している細菌だが、いったんヒトの身体に入ると腸管壁に付着し、ヒトにとっては有害なベロ毒素を作り出して、嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。

さらに、腸管出血性大腸菌が血管の中に入り込むと、腎臓で毛細血管内皮細胞や赤血球の破壊、溶血、急性腎不全が引き起こされ、体内の老廃物を排泄できなくなる「溶血性尿毒素症候群」を発症することがあります。

 屋外での調理や食事による食中毒を防ぐには?

肉類などの生ものは、病原微生物が付着し、繁殖しやすいうえに、温度や清潔さを保つことが難しいです。

しかし、病原微生物を食物に付着させない・増やさない・殺すという基本をおさえていれば、屋外で調理や食事をする場面でも、少しの気づかいで食中毒を予防できるます。

 屋外での食中毒を予防する方法手や調理器具は、洗浄やアルコール消毒などで清潔に保つ

石鹸や洗浄剤でこまめにしっかりと洗う必要があるため、調理や食事の際は、清潔な水場が近くにあることが望ましい。

生の食品と加熱済みの食品とを分ける

生の肉や魚介類と、すでに加熱してある食品とは、準備や調理のときだけでなく、購入や移動の段階から、容器や調理器具を分ける。

しっかりと加熱する

汁物は沸騰するまで、肉や魚介類は肉汁などが透明になってから1分以上を目安に加熱する。

安全な温度に保つ

作り置きはせず常温で2時間以上放置しない、保冷バックや冷却剤で冷却保存(厳密には5度以下)するなどを心がける。

安全な食材と水を使う

新鮮な食材と清潔な水を、消費期限を必ず守って使用する。

自分で調理しない場合も油断は禁物

縁日で買ったものはその場ですぐ食べ、屋台は食材をしっかり管理している清潔な店を選ぶようにする。

食中毒になってしまった場合

治療に抗生物質が用いられることがある。抗生物質には、細菌類の細胞壁を破壊し、増殖を抑える効果があるが、種類によっては効かない細菌もある。

腸管出血性大腸菌などの場合

体内である程度増殖した状態で抗生物質を内服すると、細菌自体が破壊され、このときに大量のベロ毒素が放出されてしまいます。

そのため、以前に処方された抗生物質が、たとえ手元に残っていたとしても、自己判断での内服は絶対に避けるようにしたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です