糖尿病ってどんな病気・・・・?

スポンサーリンク
Pocket

 

健康な人の血液中のブドウ糖濃度は

ブドウ糖はエネルギーとして必要不可欠です。私たちが生き生きと活動していくにはエネルギーが必要です。

私たちは、このエネルギーを食物から得ています。食物として摂取した糖質は、胃や腸などで分解されてブドウ糖になり、血液中に吸収されて血液中をいつも流れています。

健康な人では、ブドウ糖が溜まりすぎないよう、ある一定の濃度に調節されています。

具体的に言えば、健康な人の血液中のブドウ糖濃度は約100mg/dlです。

お腹いっぱい食事をとったとしても、血糖値は160mg/dl程度の値をめったに超えることはありません。

血糖値を一定に保つためのシステムとは・・・・

糖尿病は、慢性的な高血糖状態が継続している状態になったことを言います。

血糖値を一定に保つためのシステムがなぜ壊れてしまうのか?

諸説ありますが、重要なのは「インスリン」や「グルカゴン」というホルモンの関与です。

中でも「インスリン」は、血糖値を低下させる物資として中心的な役割を果たしています。

このインスリンが肝臓のβ細胞から分泌されなくなったり、十分に分泌されているにもかかわらず、細胞レベルでは満足に作用してくれないことが、血液中のブドウ糖濃度を一定にできない最大の原因なのです。

インスリン不足ななぜ起こるのか

インスリンの働きに以上が起こる理由として、現在、考えられているのは次の3つです。

➀、インスリンの絶対量が不足する

膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞にインスリンを分泌する能力がなくなってしまう場合。

➁、インスリンは作られているが、分泌が遅れがちだったり、分泌量が少ない

本来であれば、食事をすると食事量に見合ったインスリンがすぐに分泌されるが、それが遅れ気味になったり、不足がちになる。

③、インスリンは十分に分泌されているにも関わらず、それが満足に作用してくれない。

インスリンは細胞の中にブドウ糖を送り込む働きをしますが、それにはインスリンを利用する細胞の側にもインスリン受容体という協力者を必要とします。

インスリンとこの受容体との協力がうまくいかなかったり、ブドウ糖を細胞内に運びこむという機能へのシグナル伝達が以上だったりすると、細胞はインスリンの作用を受けにくくなります。

インスリンが大量に分泌されてもブドウ糖を細胞の外から内側に運び込む輸送力が追いつかず、結果的に血糖が上がってしいます。

糖尿病の引き金になる要素

糖尿病は、多くの場合、生まれつき糖尿病になりやすい素質(遺伝的素因)を持っている人が、糖尿病を起こす誘因(引き金)に出会ってはじめて発病すると考えられています。

肥満

もっとも多い誘因です。肥満になると体脂肪が増え、脂肪細胞から分泌される生理活性物質の作用でインスリンの働きが低下します。

このため、膵臓からのインスリン分泌が多くなり、結果として膵臓が疲弊し、インスリンをあまり分泌しなくなります。

過食

過食によって血液中のブドウ糖が急激に増えると、膵臓はインスリンを懸命に分泌しますが、高血糖状態が続くと、膵臓のβ細胞が壊れ、インスリン分泌能力が低下していきます。

ストレス

ストレスを受けるとインスリンの作用と対立するホルモン(拮抗ホルモン、アドレナリンなど。)が分泌されます。そのため、血糖の上昇をもたらし、糖尿病の発症を促してしまいます。

妊娠

妊娠中は胎盤から分泌されるホルモンがインスリンの働きを妨げるため、糖尿病を起こしやすくします。出産すると健康体に戻ることもありますが、戻らないこともあります。

加齢

加齢につれ、体内での糖質の利用が悪くなるとともに、細胞が老化して膵臓の働きが弱まり、血糖値、特に食後血糖値が下がりにくくなります。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です