食事療法

スポンサーリンク
Pocket

食事を制限するだけで8割以上の人が改善します。

2型糖尿病の場合には、暴飲暴食をしていた人が食事摂取エネルギーの制限を行うだけで、実に約8割以上の人の血糖コントロールが改善します。

それに伴い糖代謝全般の改善も認められ、脂肪細胞や筋肉細胞などでのインスリンの作用が高まって効いやすくなります。

また、高血糖の状態では、体がだるくなるため、力をつけようとして過食をすることがありますが、せっかく口から食べた糖分は、尿糖となって、尿の中に排泄されてしまうのです。

血糖値が高いと、のどが乾きますが、清涼飲料水を飲んだりすると、含まれているブドウ糖によって、さらに高血糖になるという悪循環に陥ることもあります。

つまり、高血糖を持っていること自体が悪循環を起こしやすい状態であり、食事療法を行うことは、こうした悪循環を根本から断ち切ることに大きな効果があるのです。

食事療法で、疲れた膵臓を休ませる

糖尿病の人が、暴飲暴食をした場合に、体の中で最も負担に感じているのは膵臓です。膵臓は、血糖値が高くなるのをなんとか食い止めようとしてインスリンを分泌しようとがんばっています。

暴飲暴食があまりにも長く続いてしまうと、膵臓も疲れてきてインスリンの分泌ができなくなってしまうのです。食事療法をすれば膵臓に過度な負担をかけない状態をつくることができます。

負担が軽くなった膵臓が、しだいに元気を取り戻し健康な状態に復帰して血糖コントロールがついた状態になると、高血糖の時よりも、より俊敏にインスリンを分泌できるように回復します。

食事療法のポイント

食事療法は膵臓の負担を軽くして血糖を高めないようにする
糖尿病の食事療法の目的は、不足しているインスリンの働きに見合った量の食物をとることで膵臓の負担を軽くし、血糖を高めないようにして膵臓に再び力を発揮させることにあります。

食事療法といっても、

次の3つの約束を毎日守る食事ルールのことにすぎません。
・決められた範囲内のエネルギーにする
・栄養バランスのとれた食事をする
・規則正しい食事習慣を行う

食事療法に欠かせない食品交換表

糖尿病の食事療法を行うためには、糖尿病患者のための食品交換表を用意する必要があります。食品交換表は、糖尿病の専門家が編集した食事療法のための標準テキストで、だれでも手軽に、決められた範囲内のエネルギーで栄養バランスのよい食事ができるように考案されています。

食品交換表では、複雑なエネルギー計算をしなくてもすむように、エネルギー量をいわば個数に置き換えて計算することができるように考えられています。エネルギーのひとかたまりを80kcalと決め、その個数でエネルギーを勘定するのです。

食品交換表ではさらに、各食品ごとに1単位=80kcalあたりの重量を示してあります。この80kcalという一定エネルギーあたりの重量表示は、1日の必要エネルギー量が決められている食事療法の場合、計算がとても楽です。

例えば、ある人の1日の必要エネルギーが1600kcalであったとします。この場合、1600÷80=20で、20単位分を食べることになります。実際に料理を作るときには、この20単位分のさまざまな食品バランスをよく選び、それぞれの食品に振り分けた単位数分の重量を使えばよいのです。

食品交換表では、栄養バランスのとれた食事がとれるように、さまざまな食品を同じような栄養素の含まれ方(栄養素の割合)によってまとめ、6つのグループに分けています。

6つの表は、穀類やイモ類など糖質の多い食品、果物類、魚や肉、卵などタンパク質の多い食品、牛乳やヨーグルトなど、脂肪類、ビタミンやミネラルの多い野菜や海草類からなります。

医師から手渡される食事指示票に従って行う

1日の必要エネルギーは、主治医の指示に従って決められます。そのため、指示エネルギーともいいます。
1日の指示エネルギー(総単位数)を朝食、昼食、夕食にどのように配分すればよいかについては、主治医が患者ごとに渡してくれる「食事指示票」を見ればわかります。

食事指示票には

1日に合計何単位の食事をするか(総単位数)
1日に各「表」の食品を何単位ずつとるか、が示してあります。
患者が実際に食事療法を行う際に必要なデータが、全て記されているのです。

献立作りに知っておきたい食事指示票の見方

献立を考えるときの大きなポイントは、料理名で考えないで、まず初めに『材料は何にするか、何を使うか』を考えることです。こうすると、献立が非常に立てやすくなります。

材料に何を使うかを考える際には、和食の基本形、つまり主食、主菜、副菜、それに汁物という組み合わせで考えると便利です。まず、主食と主菜に使う材料を決めます。

主食は食品交換表の「表1」に分類されている食品を使うことになります。主菜については食品交換表の「表3」に掲載されている食品を使うと考えるのが便利です。

こうした献立の立て方に慣れてくれば、そのうちに料理名から献立を考えることもできるようになります。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です