糖尿病の怖さとは・・・・?

スポンサーリンク
Pocket

 

糖尿病が恐ろしい病気だといわれる理由は下記の4つです。

理由その1

インスリンの作用が極端に不足すると、エネルギー源としての糖質を十分に利用できなくなるために、かわりに体内に蓄えられた脂肪やタンパク質を分解して使うようになります。

しかし、脂肪やタンパク質をエネルギーに変えるうえでもインスリンが必要ですが、やはりその作用が不足するため、途中の分解産物であるケトン体という酸性物質が血液中に大量に蓄積されます。

その結果、血液は極端な酸性になりケトアシドーシスと呼ばれる状態になり、ついには昏睡状態に陥ります。

理由その2

治療せず放置すると3大合併症が次々に起こってきます3大合併症とは、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症の3つです。

糖尿病の患者だけに特に起こりやすい病気で、糖尿病を長期間わずらっている患者さんにとって重大な問題となります。

理由その3

治療をせずに放っておくと、動脈硬化が進みやすくなったり、感染症を起こしやすくなります。

理由その4

インスリン注射や飲み薬で糖尿病を治療している患者が注射の打ち方や薬の飲み方を間違えると、血糖値が下がりすぎ(低血糖)、ひどくなると低血糖昏睡に陥ることがあります。

死に直結しかねない危険な状態です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です