インスリン療法とは・・・・?

スポンサーリンク
Pocket

インスリンを始めたことが糖尿病が悪くなったということではありません。

1型糖尿病にインスリン療法は必須の治療法です。2型糖尿病でも、食事療法、運動療法を行い、経口薬の治療でも血糖コントロールが達成できなかった場合には、インスリン療法を必要とする場合があります。

また、妊娠して糖尿病を持っている場合、血糖コントロールはできるだけ正常なほうが健康な子どもが生まれます。

そのような場合には、インスリン治療を選択せざるをえない場合も多いものです。

「インスリン療法を始めた」ということ自体が、「糖尿病が悪化した」ということとイコールではありません。

むしろ糖尿病を悪化させないためにインスリン療法を始めるわけですから、しっかりと治療を受け入れてインスリン注射を続けている方のほうが健康であることが多いのもです。

インスリン製剤の種類

インスリン製剤は、皮下から吸収され作用が開始されるまでの時間と、インスリンが血糖値を下げ続ける時間、インスリンの血糖降下作用が最大になる時間などの違いによって、さまざまな種類が発売されています。詳しくは、ノボ、ノルディスク社、サノフィアベンティス、ファーマ社、イーライリリー社などの各製薬企業のホームページでご確認ください。

外来でのインスリン導入

以前は、インスリン療法を始めるために患者さんに入院してもらうことがありました。

しかし、最近では使い捨てのインスリン注射が普及したため、外来で導入するようになっています。

糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師であれば、患者さんへの指導は、個人差はあっても30分もかかりません。

外来でインスリン療法を開始するときには、少ない量からスタートします。

低血糖を起こすと、それが怖くて患者さんがインスリン療法を中断してしまうことがあるからです。SU剤も並行しながら開始することがあります。

インスリン療法を開始する際には、血糖自己測定を行うことをお勧めします。

インスリン療法で確実に血糖値が下がっているという効果を実感できるメリットと、低血糖が起こったらすぐに対処できるという二つのメリットがあるからです。

こうすれば外来でもインスリン導入がたやすくできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です