高血圧治療薬について

スポンサーリンク
Pocket

 

高血圧症は、かぜなどの病気とは違って、薬を飲めば簡単に治るという病気ではありません。高血圧の恐ろしさをよく理解し、ご自身で生涯にわたってコントロールしていかなければなりません。血圧のコントロールをおこなうなかで、薬はたいへん大切なもので、正確に服用する必要があります。

RA系の昇圧プロセスを止める2種の薬

「ARB」と「ACE阻害薬」は、どちらも「レニン?アンジオテンシン(RA)系」と呼ばれる、身体に備わった強力な昇圧プロセス(血圧を上げるメカニズム)に着目し、そのプロセスを途中で止めることで血圧を下げる薬です。

早く開発され、用いられるようになったのはACE阻害薬です。
ACEは「アンジオテンシン変換酵素」という意味で、アンジオテンシンⅠ(AⅠ)をアンジオテンシンⅡ(AⅡ)に変える働きをする酵素ですが、ACE阻害薬はそのACEを邪魔してAⅡが作られないようにします。

AⅡは血管を収縮させるなどして血圧を上げるように働く物質なので、それが作られなければ血圧は下がります。

ただし、最近はあまり使われなくなり、また、胎児の奇形を促すとされるため、妊娠中の女性は服用できません。

ACE阻害薬よりも効果のあるARB

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は、AⅡタイプ1受容体に薬が結合して、AⅡ本来の働きである血管収縮作用、動脈硬化作用、心筋収縮増強作用などの作用を発揮できないようにします。

ACE阻害薬よりも的確に血圧を下げるだけでなく、インスリン抵抗性を改善して糖尿病になりにくくする、心不全の悪化を予防する、腎臓に作用して蛋白尿を改善させるなどの働きもあります。

降圧薬としてだけでなく、動脈硬化予防薬としての役割も期待されている薬剤です。他剤でも見られるような、空咳、顔面紅潮、頭痛などの副作用もほとんどなく、使いやすい薬です。現在、薬価ベースでは日本で一番使われています。

ただし、ACE阻害薬と同様に、胎児への催奇性が疑われるので、妊娠中の女性は服用できません。

血管の収縮を抑えて血圧を下げるカルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)は、血管平滑筋を収縮させるプロセスで働くカルシウムイオンが、細胞膜に流れこむのを抑制し、血管平滑筋の収縮を防いで拡張(弛緩)状態を保ち、その結果として血圧を下げる薬です。

長年使われていて種類も多く、各臓器への血流が保たれるため臓器障害の合併症を持つ人や高齢者にも使えます。

ただし、お酒を飲まないのに肌が赤くなったり(顔面紅潮)、ずきんずきんと偏頭痛のような頭痛が起きたりしたら、それは副作用である可能性が大です。すぐに主治医に相談してください。

利尿薬は血液の量を減らして血液を下げる

「利尿薬」は腎臓の尿細管などに作用し、いったん血液から濾し取った水分やナトリウムやカリウムなどの再吸収を抑制することで、尿量を増やす薬です。その結果として血液の全体量を減らし、血圧を下げます。

利尿薬には3種類あり、降圧薬として最も多く使われるのは「サイアザイド系」です。

「ループ系利尿薬」は腎機能が落ちた人や鬱血性心不全の合併症がある人に、「カリウム保持性利尿薬」は腎血管性高血圧や原発性アルドステロン症などで低カリウム血症が懸念される人に主に使われます。

なお、ARBに少量のサイアザイド系利尿降圧薬を合わせた合剤が、難治性の高血圧に降圧効果を発揮しています。日本では塩分摂取量が多いのと「ナトリウム感受性」が高い人が多いため、効果を発揮すると考えられています。

交感神経の刺激を入り口(受容体)で遮断

心臓や血管の活動も自律神経(交感神経と副交感神経)に支配されていて、交感神経の働きが優位になると血圧が上がります。

「アルファ遮断薬」と「ベータ遮断薬」は、それぞれ交感神経の刺激を心臓や血管に伝える入り口(受容体)を覆うことで、刺激を遮断して血圧を下げる薬です。

交感神経の受容体には大別してアルファとベータの2種類があり、α受容体に作用するのがアルファ遮断薬、β受容体に作用するのがベータ遮断薬です。

α受容体は交感神経の刺激を受けると、最終的に血管の収縮などに至るプロセスの引き金を引く受容体です。

そのため、アルファ遮断薬でα受容体が抑えられると、血管は収縮しないで拡張気味になり、血圧は低下します。

β受容体は心臓の収縮力や収縮回数を上げたり、腎臓で「レニン」という強力な血圧上昇ホルモンの分泌を増やしたりするプロセスの引き金を引く受容体です。

そのため、ベータ遮断薬でβ受容体の働きが抑えられると、心臓がゆっくり弱く収縮し、また腎臓からのレニンの分泌が減少することにより、血圧が低下します。

主に使われているのはベータ遮断薬

ベータ遮断薬は、交感神経の活動が活発になりがちな若い人、狭心症や心筋梗塞後、頻脈、高レニン性の高血圧の人など、幅広い人々に用いられています。

アルファ遮断薬は、手術前の血圧コントロールや早朝高血圧などの一部の人に用いられます。なお近年、αとβの両受容体に作用する「アルファベータ遮断薬」が、重症心不全の合併症がある人にも効果のあることが確認され、注目されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください