別府八湯温泉(大分県)

スポンサーリンク
Pocket

鉄輪温泉・・・・神経痛 神経麻痺慢性消化器疾患慢性呼吸器疾患疲労回復 リウマチ性疾患卵巣機能不全
子宮発育不全症更年期障害

明ばん温泉・・・・慢性湿疹 リウマチ性疾患糖尿病 神経麻痺疲労回復 動脈硬化症難治性潰瘍

柴石温泉・・・・リウマチ性疾患 貧血更年期障害 体質改善病後回復

<所在地>大分県別府市
<交通>
鉄輪温泉・・・・日豊本線別府駅より定期バスで30分。
明ばん温泉・・・日豊本線別府駅より定期バスで40分。
紫石温泉・・・・日豊本線別府駅より定期バスで30分。

 

beppu.jpg

 

真っ赤な池、白い池・・・・。すさまじい勢いで熱湯を噴き上げる間歇泉(かんけつせん)、時折でっかい泥の風船を見せる坊主地獄など・・・・。湯の街、別府の名所”地獄めぐり”の風景です。

別府八湯の一つ、鉄輪と書いて「かんなわ」と呼ぶ、その空に林立する、湯煙りの光景はちょっとよそでは見られない別府ならではの”シンボル”です。

地底のマグマが地獄なら、その地獄からの贈り物、ひとときも眠らずコンコンと湧き出す湯で、別府八湯温泉は、年間1,200万人もの観光客を呼び込む一大楽園を築きあげています。

世界最大の温泉地は一日14万klの湧出量を誇るアメリカのイエロ-ストンですが、別府は13万klで、世界ナンバ-2にランクされています。

歴史は遠く神代のむかし、四国は松山の道後温泉の湯元は豊後速見(はやみ)の湯であると云われますその訳は、『伊予国風土記』に、大穴持命(おおなもちのみこと)が病に倒れた少名彦命(すくなひこなのみこと)を助けようと、別府速見の湯を、豊予海峡の海底に長い竹樋いを通して道後に引き、しばらく浸していたところ生き返った、という神話にあります。

神代のこと、真偽のほどはともかく、古代から温泉がすばらしい効能を発揮していたという物語りは興味深いです。

温泉の効能については、その後の『出雲国風土記』にも現われます。「川の辺りに出湯あり(中略)一たび濯(すす)げば、則ち形容端正〔かたちきらきら〕して、再び沐(ゆあみ)すれば則ち万病〔よろずのやまい〕ことごとく除(い)ゆ。古より今に至るまで、験(しるし)を得ずということなし。故、俗人(くにびと)、神の湯といえり」と記録されています。

一度湯に浸っただけで顔やスタイルがよくなり、二度浸れば万病ことごとく治るといわれ、まことに素晴らしい神の恵みの湯であると・・・・。

日本の温泉は、泉質別に11種類に分けられ、別府にはこのうち9~10種の温泉が有ると言われてます。

別府はさしずめ温泉のデパ-トといったところです。市内170ケ所に公営、組合営の共同浴場があり、町の人達は朝昼晩、好きなとき好きなだけ”いい湯だなァ~”と楽しめるそうです。

観光客の入浴にも自由に開放され、「お客さん、どっから来たんけ・・・・」とハダカと裸のコミュニケ-ションが生まれることも・・・・。

数多いこの天与の恵みを医学的、科学的に解明し、健康づくりに活用しようとして生まれたのが九州大学生体防御医学研究所附属病院で、設立以来かれこれ60年の歴史があるそうです。

温泉の専門委員に話をうかがってみました。「別府の特色と言えば、いといろありすぎて特徴がない、というのが特色でだそうです。あえて変わったものと言えば”どろ湯”。これは別府独特のものだそうです。

胃腸病や代謝異常の疾患は、内科的には温泉療法も二次的なもので、肝臓、胆のう、すい臓の消化器や痛風、糖尿病などの代謝疾患の温泉療法は新たな観点から進めて、かなりの成果をあげているとのこと。

市観光課で”別府でべっぴん”と、どろ湯でパックした美人のポスタ-を作ったら、なかなか好評で貼っても、すぐ盗られてしまう、と嬉しい悲鳴をあげていました。

「行って来たんけ・・・・」、「ウンいいあんばいやった。はじめは、ぬるい湯やったが、あとからじわっと温まってきた。いい気持ちやった。この分では、じきにようなるけん、また行ってくる。」神経痛の湯治客の会話です。

別府八湯温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です