二股ラジウム温泉(北海道)

スポンサーリンク
Pocket

(浴用)リウマチ性疾患運動機能障害 創傷慢性湿疹及び角化症 婦人病慢性肝胆道疾患 動脈硬化高血圧 更年期障害
(飲用)痛風及び尿酸素質糖尿病 慢性便秘

<所在地>北海道長万部町二股
<交通>JR函館本線長万部駅及び二股駅から毎日正午送迎車あり
<泉質>ナトリウム・カルシウム塩化物泉

 

futamata.jpg

 

客のほとんどは常連さんで、10日から2週間、中には1か月の湯治という長期滞在者もパジャマと若干の下着、洗面具などつめたバック1つの軽装です。この場所が長万部町にある二股ラジウム温泉なんです。

海辺の長万部町ですが、四方緑に囲まれた素朴で心ぬくもる山合いの一軒宿です。温泉は何千年いや何万年もの歳月をかけて堆積した湯華の山に建っています。長さ400m、巾200m厚さ25mという巨大なものです。

純度の高い温水沈殿物の石灰華でこれはアメリカ・イエロ-スト-ンのマンモス温泉と、ここ二股の2ケ所だけしかないという世界的にも貴重な温泉の置き土産なのです。

勿論、北海道の天然記念物であることは言うまでもありません。四季折々に装いを凝らす山合いを眺めながらの露天風呂には秘湯巡りでやって来たという若者も思わず「最高!」と喜びの声を上げていました。

ド-ムの岩風呂は自然が作り出した鍾乳洞内の別世界温泉なのです。堆積した石灰華の山に ”ラジオシンタ-” と命名したほどで各界の学者が驚異の目を見張りました。

温泉は健康づくりに大きな役割をもつ炭酸カルシウムをふんだんに含んだ天然のミネラル水で、入浴することで皮膚から吸収するほか飲用で効果があります。

飲用が良いからと言ってガブ飲みは禁物。炭酸カルシウムは水に溶けにくいので軽い下痢をすることがあります。

1日せいぜいコップ一杯分を30分から1時間かけて、ゆっくり飲むのがコツなのです。手始めにうがいから慣らしていくとよいと言われます。

長く続ければ血液をアルカリ性にし、各臓器が活発になって血行が良くなり新陳代謝を盛んにします。また温泉に含まれている鉄分は造血作用を促して貧血予防によいと言われています。

温泉好きは多いが半面温泉知らずは残念なことです。入浴も100mを走ったと同じ位のエネルギ-が消耗されます。従って湯治中は十分の栄養補給と休養が大事なのです。

俗にいう湯あたり、湯疲れは温泉効果の一つでこの場合一日休んだらよいとされていますが、病後回復には、湯疲れが強く出ることに気をつけてとのことです。

また心臓の悪い人は首まで浸からず胸までの入浴法がよいそうです。とにかく二股は効果がありしかも自然環境がいいと言われてます。

キタキツネが甘いものねだりに現われたり、浮世離れとした温泉です。長万部は北海道の南と北を最短距離で結ぶ交通の要にあり、旧国鉄時代は函館、室蘭両本線を走る3重連SLの列車発着場でもありました。

また昭和14年頃、近くの静狩金山、国縫(くんない)の砂金採取で町はゴ-ルドラッシュに湧いた所でもあります。

しかし時代の流れは金鉱の休山、さらに国鉄の電化JRへの移行でかつての栄華は語り草になってしまいました。

美しい海岸線の内浦湾の帆立養殖が成功したり、昭和62年には東京理科大学の誘致など、牧畜も安定企業となり人口流出に歯止めが掛かりました。

北海道は馬鈴薯王国ですが、長万部の巨大かぼちゃ祭りは一見の価値はあると思います。

また長万部は、かにめし弁当の発祥地です。名物毛がにのドライブイン街が出来ています。また30余年前、天然ガスを発掘中ガスならぬ温泉が噴出して長万部温泉が誕生した。

その温泉街の真ん中に平和記念館と、河童仙人植木蒼悦記念館があります。

長年、町で開業していたお医者さんが好きで集めた円空や木喰上人作の仏像、書画など約400点を、高床校倉(あぜくら)の建物もろとも町に寄贈したものだそうです。

二股ラジウム温泉おすすめ宿

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です