浜坂・七釜温泉(兵庫県)

スポンサーリンク
Pocket

七釜=リウマチ性疾患 痛風高血圧 動脈硬化症
浜坂=リウマチ 創傷湿疹 婦人病ほか

<所在地>兵庫県美方郡浜坂町七釜
<交通>JR山陰本線浜坂駅からバス10分徒歩5分で七釜温泉
<泉質>(七釜)石膏泉
(浜坂)ナトリウム、カルシウム塩化物泉

nanakama.jpg

 

「よう来んなさった、どちらから」、「へぇ-それは、ありがとさんで・・・・」七釜の宿で聞いた笑顔の挨拶です。ここには、よその人を迎える、ぬくもりの心があります。

漁業と針の町、浜坂温泉は、縫い針の生産は全国の90%以上を占めています。湯の町に変身したのは日も浅く、最初の七釜温泉でもまだ30年に満たない程です。

生活用水の井戸を掘ったら、湯脈に突き当たった、というのがそもそもの始まりと言われてます。冬期間、通路確保のため融雪用の井戸を掘ったら、これまた温泉でました。豊富な湯量から全戸給湯目指した工事が始まり今ではどの家も風呂は天然温泉とのことには驚きです。

ほとんどの人が、自分は大丈夫・・・・と思っているのだから始末が悪いです。「人生四苦八苦という言葉がありますが、うち4つの苦は‘生’‘老’‘病’‘死’。人間として生まれた以上、年齢を重ね、いつかは病の床に・・・・。

成人病予防、病気の早期発見と早期治療、全国どの市町村でも広報活動で呼びかけていることですが、受診率はどこも極めて悪いと聞きます。

浜坂は温泉出現で転機を掴みました。温泉で健康な身体を作ろう・・・・と、裸のふれあいの場、高齢者生きがい施設、「ユ-トピア浜坂」が出来ました。長期滞在も出来る「温泉保養荘」、国民宿舎「はまさか荘」などが次々にオ-プンしました。

・ややぬるめの湯にゆっくり、ゆったり入る。
・重い心臓病をもつ人は入浴禁止、軽度の人でも水を絞ったタオルを胸に当てて入る位、気を付ける。
・急性疾患、特に熱がある時の入浴はいけない。
・妊娠中、特に3ヵ月ころの初期と末期は控える。
・飲酒したら入浴しない。

温泉地の人に、いろいろ教わって・・・・。

浜坂町は、兵庫県だが、町の半分が山陰海岸国立公園で裏日本の松島と呼んでいます。圧巻は名勝天然記念物の”但馬御火浦(たじまみほのうら)”、岩礁美や洞門は海からの眺めとなるのですが、シケの日は遊覧船欠航となります。

鳥取との県境の峠に、近年まで見事な枝の一本松がありました。漁港に船が入る灯台代わりの目印だったのですが、松喰い虫にやられて枯れてしまったそうです。

厳しい日本海の風雪に耐え抜いた樹齢350年の松を思いオブジェにして、町役場玄関内に”長寿の記念物”として飾ってあります。

夏が近付くと町の人たちはウズウズし始めるほど、お祭り好きです。珍しい麒麟獅子の舞が元気一杯の神輿と共に各地区から町に繰り出して来ます。

農家の水田減反政策で生まれたのが、ひょうたんです。ひょうたんは紐に吊るして下げておくので、ひっくり返ることがない・・・・中風の魔除けとも言われてます。

町の神社のご祈祷付き、ひょうたん細工で、面白いのがタヌキです。タヌキは、ものマネ上手で芸事の神とか・・・・。大阪芸人、京都の綺麗どころ、また東京などから大量注文が相次いで、地元の土産品なのに、入手が難しいタヌキの民芸品です。

浜坂・七釜温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です