北海道(湯治温泉)

スポンサーリンク
Pocket

 

北海道の魅力といえば「どこまでも続く大地と広い空」や「新鮮な海の幸」です。それに加えて「温泉」も魅力の一つです。実は、北海道内には温泉地が約250カ所もあり、温泉地数では全国一です。温泉宿が立ち並ぶ温泉リゾートから秘湯感溢れる温泉地まで多種多様の温泉があります。

泉質

アサトヌプリ原野開紘源泉:酸性・含硫黄・鉄・Na・Al・硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)源泉温度:51.5℃川湯共同浴場奥は源泉で非常に酸っぱい 手前の浴槽はぬる湯。

効能

リューマチ性疾患・運動器障害・創傷・慢性湿疹・角化症・女性性器慢性炎症・卵巣機能不全症・子宮発育不全症・月経障害・動脈硬化症・高血圧症・水虫・トリコモナス膣炎・糖尿病・にきび・しもやけ等

カルルス温泉(北海道)

奥座敷と呼ばれるにふさわしく、落ち着いてゆったりとくつろげる湯治場としても名高い温泉地です。 三方を高い山々に囲まれた峡谷にあり、自然豊かで静寂に満ちた環境は旅人の心を和ませてくれる雰囲気が溢れてます。

旅館が4軒ありますが、 登別温泉からは約8㎞、バスで約25分なので、観光をしたり温泉巡りをする人も多いようです。隣にはサンライバスキー場があり、冬にはスキーを楽しんだ後に温泉に浸かって体を癒すことができます。

ニセコ温泉郷 (北海道)

ニセコ連峰山麓の倶知安町、ニセコ町、蘭越町の3町に点在する温泉の総称です。湯と環境に優れた温泉地であることから、明治33年には「国民保養温泉地」に指定されている。羊蹄山、清らかな水をたたえる神仙沼、可憐な高原植物など、雄大な自然の宝庫です。夏はカヌーや熱気球、冬はスキーなど充実の遊びも楽しめます。

然別湖温泉(北海道)

北海道十勝・大雪山国立公園「然別湖」の湖畔に建つ1軒のホテルに注がれる温泉。法律によって開発が制限されている周辺は手つかずのままの自然が保たれています。 陽光にきらめく湖水、ウサギの甲高い鳴き声、木をつつくクマゲラのリズミカルな音など、大自然の色と音に包まれた空間が出迎えてくれる。

四季折々の表情を見せる然別湖の夏は、波のない夜の星を見られた人はいいことがあるという。 また冬には、標高が高いため早くから湖面が全面結氷し、すべてが雪と氷で作られた「しかりべつ湖コタン」が出現します。

二股ラジウム温泉(北海道)

二股ラジウム温泉は北海道の有名な秘湯のひとつで、道南の交通の要所である長万部(おしゃまんべ)から山奥へ18kmほど入ったところにある一軒宿の温泉です。露天風呂は石灰華をちょうど見られる位置に造られ、深めの湯船に入って原生林と石灰の巨岩を眺めていると不思議な感じがします。

恵山温泉郷(北海道)

恵山温泉郷は道南・函館にある温泉です。恵山の麓に佇む、こじんまりとした温泉郷です。活火山である恵山の恩恵として温泉が湧出し、その泉質は、pH2.1の強烈な酸性のお湯で、その殺菌力で切り傷や皮膚病に効能があります。お湯の色も、うっすらと赤い色です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です