今治湯ノ浦温泉(愛媛県)

スポンサーリンク
Pocket

 

リウマチ神経痛 筋肉のこわばり病後・疲労回復 健康増進など

<所在地>愛媛県今治市湯ノ浦
<交通>JR予讚線今治駅から車で25分
<泉質>弱アルカリ性冷鉱泉

imaji.jpg

 

 

人間で一番美しいことは「いいおじいさんになる、いいおばあさんになること」だそうです。高齢社会、聞き慣れた言葉で誰でも知っていますが、一歩踏み込んで「では、その実態は」と尋ねると返事は返って来ません・・・・。

厚生白書によると65歳以上のお年寄りは、1950年25人に1人だったが、1985年10人に1人。1990年8人に1人。平成22年の2010年には5人に1人がお年寄りになります。

お年寄りが一番怖れている病気に対し既に“入院お断り”が現実のものとなっています。このため厚生省は、昨年から寝たきり老人を減らす、“寝たきり老人ゼロ作戦”に入りました。

瀬戸内の難所、来島海峡から燧灘(ひうちなだ)を望む景勝の台地にありますが、昭和51年、近くに湯量豊富な温泉を見つけたことから市開発公社がCCZ〈コ-スタル、コミュニティゾ-ン〉と呼ぶ、海岸のふれあい地域とでもいう総合公園地を造成して、企業と一般向けの高級保養地として売り出されました。

その直後、オイルショックと地元の主力産業である造船不況にあい、分譲地は虫食い状態となりました。考えに考え抜いた結果は「今治がより発展するには、市民の健康保持を第一に考えることである・・・・」でした。

安心して楽しみながら効果的な健康づくりのお手伝いの場をつくる、これがクアハウス誕生となりました。クアハウスの出現で町は活気付ました。第2次いざなぎ景気の到来で分譲地は完売、クアハウスは地下1階地上5階延べ3400平方メートル、ヨ-ロッパ風のしゃれた建物です。

浴槽は、蒸気浴、部分、全身浴、箱むし、気泡、圧注浴、打たせ湯、飲泉など様々。温度が低めの寝湯は心臓や肺に負担がかからず鎮静、鎮痛、催眠作用があるので動脈硬化、高血圧によく、神経疲労、不眠症などに効果がある。

入浴については指導員がいて健康な人や若者向きの一般コ-ス、美容コ-ス、ストレス、肥満解消、高血圧、筋肉疲労肩凝りコ-ス、それにドイツの有名な温泉保養地バ-デンバ-デンにならった各コ-スがあり、効果的な入浴法を教えてくれます。

広島尾道から大小9つの島伝いに今治に入る西瀬戸自動車道で、今治は、かつて伊予の国府が置かれた歴史の町です。市内には四国霊場88番札所のうち54番から59番まで6ヵ寺があります。

松平3代の藩主をまつる墓所は報恩の心を大事にする人達で見事に手入れされ市民の静かな憩いの場所となっています。その昔、勇名はせた来島水軍の根拠地、来島です。海峡の急潮が作り出す大渦などを一望する波止浜公園など見所は多くあります。

名所の筆頭は今治城です。その内堀は瀬戸内から海水をそのまま引き入れて市民の釣り場ともなっています。堀に影を落とす城の容姿は絶品の光景です。

全国の約7割を占めるというタオルの主産地。造船の町らしく港のそばにシンボルの大きなスクリュ-が・・・・。

今治湯ノ浦温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です