石和温泉 (山梨県)

スポンサーリンク
Pocket

運動器障害 神経痛リウマチ性疾患 神経炎

<所在地>山梨県東八代郡石和町
<交通>JR甲府駅から中央線で石和温泉郷まで10分。車の場合、中央自動車道の昭和インターから15分
<泉質>アルカリ性単純温泉

isiwa.jpg

 

春は、果物の里でもある石和郷はひときわ色鮮やかなピンク一色に染まります。桃源郷そのものです。石和には昔から鉱泉がありましたが、温泉地として知られたのは、最近のことです。昭和36年山梨交通が保養所を作るため井戸を掘ったところ60度の湯が噴き出したのだそうです。

今なら大騒ぎになるのですが、湯量が多く処理に困って近くの川に捨てていましたところが、川で水遊びする子供達が「ぬるくて気持ちはいいや」と次第にその数が増えるのえを見て、ただ捨てるのはもったいないと途中に湯溜りを作ったのだそうです。

このことをマスコミが「青空温泉」の大見出しで取り上げたのが、石和温泉誕生のきっかけだそうです。いまでは年間300万人を超す客を受け入れる一大温泉地に発展しています。

温泉地は歓楽地型と保養地型がありますが、桃とぶどう畑のまん中にひょっこりと生まれた石和温泉はこれと言った取り柄もない、温泉地らしくない温泉町です。

しかし大都会東京から約130キロ、2時間圏内の「地の利」とストレス解消のため「環境を変える」という転地効果が十分あります。「働き蜂」の流行語が生また高度成長時代、一晩パッと騒いで気分転換を・・・・、男の天国と言われた時もありました・・・・。

石和周辺には温泉を利用したリハビリ病院が大小7つ程あります。温泉療法医、保健婦、ヘルストレーナー、栄養士が居て相談を受けてくれます。

下部温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください