上山温泉(山形県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛筋肉痛 リウマチ創傷 婦人病病後回復など

<所在地>山形県上山市上山温泉
<交通>JR奥羽本線上の山駅から車5分、山形空港から車1時間
<泉質>含石膏食塩泉

kaminoyama.jpg

 

脚を痛めた一羽の鶴が、温泉で傷を癒した後、一声叫んで飛び去っていきました。これを見ていた旅の僧侶月秀は、鶴脛(つるはぎ)の湯と名付けと伝えられてます。500年余りの昔から語り継がれている上山(かみのやま)温泉発見の開湯伝説です。

湯の源泉の周りに湯宿の集落が出来て湯町(ゆまち)と呼ばれ、今もその地名は使われています。寛永元年(1624年)羽州街道が開かれると共同浴場や旅篭が建ち並んだそうです。

旅篭に飯盛女を置くことが許されてから宿泊客がふえ奥州三楽郷の一つと称されました。湯町のほか大正年代に新湯、昭和に入って高松、葉山温泉が開発され現在の湯の街、上山となったそうです。

温泉発見の場所をはじめ市内に7つの共同浴場があり、入浴料は大人30円なんです。上山ならではの浮世離れした料金です。

山形の上手(かみて)に位置することから昔は、”上の山形”と呼んでいたのですが、紛らわしいと二文字縮めて上山になったそうです。今はJRの駅名だけにその名 ”上の山形” が残が残っています。

温泉効用については、昔から湯治という風習があって山形県は特に盛んなんです。「効用大いにあり・・・・」しかし温泉に1日や2日行ったからって効果は出るものではないのですが・・・・。

温泉巡りの旅は気分転換、ストレス発散にはいいのですが、温泉療法で健康づくりなら少なくても1週間から10日が望ましいと言われています。

上山のキャッチフレ-ズは、「来てけらっしゃいス、上山さ。蔵王と城と茂吉のふる里へ」です。蔵王は樹氷とスキ-のメッカであまりにも有名です。

斎藤茂吉は東大医学部出身の精神科医ですが、歌人正岡子規を師として歌壇にアララギ派を作りました。

松林と桜に囲まれた茂吉記念館は、自筆の短歌や原稿、有名文人と交わした手紙などが展示されています。

少年茂吉がガキ大将で戦争ごっこした際、部下に与えた自作の賞状など珍品もあるそうです。

温泉街は湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶の7地区から構成されています。各地区をそれぞれ個々の温泉とし、上山温泉郷とも呼ばれることもあります。

温泉街には7軒の共同浴場(湯町の湯、新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、中湯、下大湯、新丁・上の湯)があります。

温泉街に存在する月岡神社では、10月中旬に上山菊まつりが開催され、数多くの菊が展示されるなど風情が味わえます。

山形新幹線の駅名に合わせて、ひらがなの表記「かみのやま温泉」が用いられることが・・・・。

上山温泉おすすめ宿

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です