宇奈月・鐘釣温泉(富山県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動マヒ 慢性消化器病 痔病 冷え症 関節のこわばり 神経衰弱 胃腸病 病後回復
疲労回復 健康増進など

<所在地>富山県下新川郡宇奈月町
<交通>
JR北陸本線富山から富山地方鉄道特急60分。同魚津から30分で宇奈月温泉。
宇奈月から黒部峡谷鉄道60分で鐘釣、徒歩10分
<泉質>アルカリ性単純泉

kaneturi.jpg

 

昔からキレイな水が流れる山野で育った薬草を原料とした漢方薬を作り”くすりの里”と呼ばれています。昔は、柳行李いっぱいの薬を担いで全国の村から町に薬の行商をして来たことは有名です。庶民の健康を守り続けた宇奈月は、富山を代表する健康志向を目指した温泉地です。

日本の産業を支える電気エネルギ-を生み出す、”電力のふる里”でもあります。電源開発で拡げた町だが2,000mを越す山々が折り重なるよう秘境、黒部の大自然を世に出した先人の苦労と努力は驚嘆するばかりです。

宇奈月は設備の整った近代ホテルが立ち並ぶ温泉地ですが、黒部の山、黒薙(くろなぎ)温泉から昔は、立木をくり抜いた木管で引湯していたそうです。

豊富な湯は駅前の温泉噴水で確認することができます。鐘釣(かねつり)は、そのまた山奥です。他にも名剣(めいけん)温泉、祖母谷(ばばたに)温泉、阿曽原温泉などがあります。

断崖と渓流の景勝地でもあり、温泉地そのものがすっぽり森林浴できる地域なのです。標高差のある環境は、単なる秘湯というだけではありません。

澄んだ山の空気は、テルペン系物質が多量に含まれていて、自律神経を心地よく刺激してくれます。テルペン系物質は、いらだつ神経を優しく包む鎮静作用があると言われてます。

現代病と言われるストレスを発散させて、ストレスからの心身症を回避する効果があります。川のせせらぎに石を積んだだけの野湯の露天風呂は最高です。

鐘釣などの温泉に行くまでの工程が、ワクワクします。宇奈月から山に入る道路がないので、唯一の足は黒部渓谷電鉄のトロッコ電車だけなのです。これがまた風情があり人気があります。

電源開発の工事用資材とか作業員を運ぶ専用電車でしたがが、黒部の山に魅せられた山男達に「乗せてくれ」とせがまれ、「生命の保証はしない」条件付きで便乗させたと云われてます。

現在は、鉄道法の営業免許を受け、ピ-ポ-と可愛い汽笛を鳴らしつつガタゴト走っています。宇奈月から終点の欅平まで、距離わずかに20kmですが、所要時間は90分も掛かります。

この間42ヵ所のトンネルと23本の鉄橋があり、荒々しい岩肌をむき出した峡谷が、右に左に移り変って、わくわくドキドキの連続で歓声もあがる程です。

この名物のトロッコ電車、冬期間は積雪のため運転休止となり、山小屋の温泉も休業となります。

黒部川の電源開発は、大正6年調査を開始して以来、人跡未踏の最上流部に、通称黒四ダムを始め、現在9つの発電所があります。

現在も年間約30億kwhを発電しています。昭和11年運転開始の黒部第2発電所の建物は、50年の歳月を経ていますが、優美な姿は現代建築で十分に通用する見事なものです。

宇奈月の電鉄駅前にあるアルペン風の異国情緒の建物、電気記念館は、勇気と英知で黒部の山に挑んだ感動の人間ドラマを現在に伝えています。

宇奈月・鐘釣温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です