カルルス温泉(北海道)

スポンサーリンク
Pocket

心身症 慢性リウマチ症疾患慢性消化器疾患 火傷

<所在地>北海道登別市カルルス町
<交通>室蘭本線登別駅から道南バスで登別温泉まで15分。登別温泉からさらにバスで15分
<泉質>単純温泉

karurusu.jpg

 

カルルス温泉は、昔は、”かぶり湯”と称し、頭から手桶で百杯以上も、被るように浴びる風習があり、気狂い(きちがい)の湯と言われた時代がありました。

いまで言うノイロ-ゼやうつ病を、患った人達の間に、カルルスはこの病に効くという、口伝えが広まったものらしいです。

このため変んな目で見られる弊害もあり、宿にとっては不運のひところであったようですが、効くものは効くという事実から根強い信者を作ってきました。

登別といえば、道内どころか、全国でも指折 の温泉地として知られていますが、そこからわずか8K離れただけの ”登別カルルス”は、歴史が古い割にはそれほど知られていません。

名前の由来は、チェコスロバキアの温泉保養地カルルスバ-ドの泉質と似ているところから、その名が付いたと云われています。山合いにひっそり立つ、やすらぎの湯治場です。

泉質は含ナトリウム(カルシウム)塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉の単純泉です。温いマイルドな湯です。多くのガイドブックにはラジウム含有と書かれていますが、それは誤りだそうです。

ラジウムが含まれていると身体に効くという一種の信仰めいたものがあり温泉の老舗を強調するあまりの誤報とのことです。

カルルスの湯は、病後・疲労回復、自律神経失調症、偏頭痛などのストレス病に効能があり、温泉そのものを楽しむお年寄りや、日頃の疲れを癒す場としては最適です。北海道で最初の国民保養温泉地に指定されています。

温泉浴もさることながら転地による心理効果、また気候と自然環境の及ぼす影響は大きいそうです。保養や治療が目的なら、なおさらのことカルルス温泉は、肌にも心地よい湯です。

海抜250mのところに位置して昼夜の気温の差も少なく、森林に囲まれて空気が澄んでいて爽やかです。それに穏やかな陽射しがある典型的な保養にいい場所にあります。

この自然がカルルスの “財産”なのです。 旧小学校跡地にテニスコ-トやゲ-トボ-ル場を施設したスポ-ツランドがあります。すぐ近くではザリガニやクワガタも採れます。

冬は国設カルルススキ-場が若者や家族連れで賑わっています。登別カルルスから洞爺湖に通じるオロフレ・スカイラインや、道内で3番目に高い標高930mの峠からの展望は、エゾ富士の羊蹄山やクッタラ湖、太平洋を一望できる雄大なものです。

北海道には梅雨がないという話を聞きますが、登別にはエゾツユといって内地と同じ梅雨があるそうです。

峠のトンネルを抜けると、一変して、ガラリ、好天気に変っていとかオロフレ峠の、このなんとも不思議な気象がカルルス最大の魅力なのかもしれません。

カルルス温泉おすすめ宿

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です