川湯温泉(和歌山県)

スポンサーリンク
Pocket

慢性消化器病 リウマチ性疾患痔疾 痛風 温泉療法医がすすめる温泉です。

<所在地>和歌山県東本宮町皆瀬川字川湯
<交通>紀伊本線新宮駅よりバスで1時間

 

kawayu.jpg

 

河原を掘れば、自分だけの露天風呂が造れます。自然の情緒豊かな露天風呂川湯は、その名の通り川辺の温泉です。清流、大塔川(熊野川の支流)には若アユが躍り、夏はホタルが飛び交い、カジカの合唱と蝉しぐれ、そして秋は紅葉に彩られて、自然がいっぱいというより、自然の真っ只中にひっそり軒を並べている、といった感じの温泉町です。

スコップ片手に河原に降りて自分で好きなところを掘れば、それがそのまま自分だけのマイ風呂に・・・・。野趣に富んだ露天風呂がいくつも出来ています。

昼は川遊び気分ではしゃぎ、夜は河原の石を枕に、せせらぎを聞きながら月を眺める・・・・。その情緒は、疲れも何も一気にふっとぶ最高の贅沢です。清流に投網を投げて獲った鮎、高菜で包んだ名物の目張り寿司の素朴な味も美味です。

お隣り湯の峰とは少し違ったアルカリ泉で73度ほどです。神経痛や糖尿病、切傷、やけど、婦人病などに効能ありと言われてますが、目の前に広がる自然と子供心に戻れるユニ-クな湯浴みは、喧騒に明け暮れる都会人のストレス解消、気分転換に最適です。

毎年2月には、川を半分せき止めての千人は楽に入れるという“仙人風呂”が人気を集めています。地下のマグマで熱湯となった湧水が、川いっぱいに広がっている火成岩の割れ目から、温泉となって吹き出し、川の水が地下に浸み込んで循環しています。

川の水がすっかり枯れない限り楽しめます。この川湯の手掘り風呂は姿を消すことはないと、地質学者はポンとタイコ判を押しています。

歴史を刻んだ湯の峰と川湯温泉の真ん中にあるのが、ここ渡瀬温泉。湯治から一歩踏み込んだ、健康づくりを考えようと新しい開発の手が加えられた温泉地です。

豊富に湧き出る重曹泉(72℃)を利用しての、“クアハウス”(ドイツ語で、多目的温泉保養館)が中心になっています。四村川のほとり、自然がそのまま残る景観と、ひっそりとした熊野本宮温泉郷の新しい顔になってます。

川湯温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください