南紀白浜温泉(和歌山県)

スポンサーリンク
Pocket

リウマチ性疾患 神経痛運動器障害 痛風糖尿病 慢性湿疹および苔癬

<所在地>和歌山県白浜町
<交通>紀伊本線白浜駅からバスで5分
<泉質>含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

sirahama.jpg

 

温泉を医療に取り入れた第一号は、南紀白浜温泉です。健康づくりの先進リゾ-ト地、黒潮洗う”牟婁の湯”白浜紺碧の海、どこまでも青く澄んだ空、遥か水平線で、海と空が同じ色となって溶け込む、南紀随一の景勝地と言えるのが南紀白浜温泉です。

地元の人が胸を張る白浜は、熊野連峰を背に黒潮が運んでくれた温暖の恵を、たっぷりうけている湯の街です。『日本書記』や『万葉集』に”牟婁の湯”として現われていることから、その歴史も古いと思われます。

クアミッテルハウスは、長く突き出た岬、美しく湾曲した白砂のなぎさが目に入る”白良浜”は一枚の絵のようです。これを一望にする高台に、国立白浜温泉病院があります。

医療先進国のドイツなどで盛んなクアミッテルハウス(多目的温泉保養館)を温泉国日本に初めて取り入れたのが国立白浜温泉病院です。日本での発祥地はここ南紀白浜と言われてます。

効果的に利用する温泉は化学療法や外科療法と違います。お湯に浸ったらすぐ効くというものではありません。また温泉がいいからと、やたらめったらただ入ればよい、というものでもありません。

温泉のもつ性質を上手に使い、正しく利用してはじめて効果があるものです。このためには温泉療法医という専門の先生に聞くことが一番手っとり早い方法です。

慢性疾患は、何十年もの長い間に積もり積もってできた身体の歪みに対して起こるものだそうです。それを治すには、原因を探して、そこまで逆上らなければならないと温泉療法医の先生は言います。

そこで患者は薬と併用して、熱い、ぬるいの温泉で筋肉をやわらげ、血管を広げて血行をよくし、たまった老廃物を取り去り、代わりに温泉のもつ成分を吸収し、ホルモンの分泌を調整して元の身体に戻そうとする治癒能力にスピ-ドを加えたのがクアミッテルハウスであるそうです。

かぶり湯にははじまって5つのコ-スがあり、ゆったり気分でのびのびとして入る寝湯は、皮膚血管を広げ血行をよくするので 鎮静鎮痛に効果があり、消化を促進するとの事です。

足の疲れをとる座湯、温泉浴、これは身体の芯から温まり疲れがとれて爽快感があります。

気泡浴は水圧で噴き出す気泡がつぶれるときに超音波が発生し、身体の深部まで温める効果があり、発汗、新陳代謝をよくし、神経痛や筋肉痛に効くそうです。

温泉地は、遊興と歓楽の地と化したが、本来あるべき姿せはない。温泉のもつ特異性を生かした体力づくり、健康づくりが本来の姿です。昔、湯治場には、少し離れたところに薬師堂がありました。

医者の少ない時代から湯治客は、そのお堂に病気平癒の願掛けをして、帰りはまたお礼参りをしました。

途中には土産物屋があって孫や親しい人に、あれこれ珍しい土地の物を買って帰ります。この薬師堂参りの路が運動となっていました。

白浜は、駅より空港の方が近いという珍しいところ。波しぶきがかかる『千畳敷』は広大な砂岩、傍の『三段壁』は、中に洞窟があります。

その昔、源平の屋島の戦(いくさ)に馳せ参じた熊野水軍の船隠し場だったと伝えられています。

めがね岩と呼ばれる『円月島』に沈む夕日は天下の絶景といわれます。海の自然が作り出したダイナミックなものばかりです。

加賀の東尋坊、伊豆熱海の錦ヶ浦、宮城松島の景観の全てが揃っているとは、訪れる観光客の話の一部です。

南紀白浜温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です