近畿地方(湯治温泉)

スポンサーリンク
Pocket

 

湯村温泉の街並みを一望できる高台のお宿です。山陰屈指の長寿大岩風呂と露天風呂・展望桧風呂「和みの湯」で八湯十快温泉三味を楽し目ます。紫式部が「源氏物語」を構想したといわれる石山寺の参道沿いにたたずむ温泉宿です。

目の前は琵琶湖より続く瀬田の清流です。石山寺西には松尾芭蕉が住んでいたといわれる幻住庵跡や近江八景のひとつ、瀬田の夕照(せきしょう)といわれる瀬田の唐橋などへも・・・・。

浜坂・七釜温泉(兵庫県)

七釜温泉(しちかまおんせん)は兵庫県新温泉町にある温泉。浜坂温泉郷を構成する温泉の一つです。昭和30年に井戸を掘っていて偶然に発見された温泉で、当時は田園の中に浴槽が作られた露天風呂でした。源泉の温度が適温で加水加温の必要が無いため殆ど全ての宿が「源泉掛け流し」で、浜坂温泉郷において最も効能が高い温泉と云われています。

有馬温泉(兵庫県)

日本最古の名湯が湧く六甲の自然に囲まれた温泉街は、狭い坂道が入り組み風情たっぷりの「関西の奥座敷」と呼ばれてます。 「日本書紀」にも記載が残る古湯で、温泉寺を建立した僧行基が温泉の基礎を築き、12宿坊を開いた僧仁西が中興。そして、有馬を愛し、ねねと共に何度も訪れた豊臣秀吉が大規模な改修工事に着手し、有馬千軒の時代へ・・・・。

十津川温泉(奈良県)

十津川温泉郷は、十津川村に湧く3温泉(十津川、上湯、湯泉地)を総称したもので、十津川温泉は、二津野ダムの湖畔にあり、旅館が点在し活気のある小温泉街を形成してます。元禄時代に炭焼職人が発見したとされる滑らかな湯は少し離れて、十津川支流の上湯川沿いの下湯に湧き、引き湯した十津川温泉には、史跡も多く、景勝地でもあります。

南紀白浜温泉(和歌山県)

湯崎半島の海岸に湧く7つの温泉を総称して「南紀白浜温泉」と呼びます。1300年以上の歴史を持つ日本でも有数の古湯です。古き良き時代の面影を今も残す、 “湯崎七湯”のうち唯一現存する共同浴場「崎の湯」(天然露天風呂)は日本最古の風呂とか・・・・。歴史ある「牟婁の湯」や塩分濃度の高いお湯が湧く「松の湯」など、昔ながらの庶民的な雰囲気を残す共同浴場が健在しています。

湯の峰温泉(和歌山県)

湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)は、和歌山県田辺市本宮町(旧国紀伊国牟婁郡)にある温泉。世界最古の共同浴場とも言われ、古くから熊野詣の旅人達にとっての湯垢離と休息の場として知られています。

川湯温泉(和歌山県)

熊野川支流の大塔川にあり、河原を掘ってマイ湯船 川湯温泉です。上がり湯をせずに出れば、いつまでもポカポカして湯冷めしにくい川湯の湯。 夏は大塔川(おおとが … 河原を掘ると名前のごとく、河原から温泉が湧き出る全国でもめずらしい天然露天風呂です。

龍神温泉(和歌山県)

日高川の渓流沿いに位置し、木々の香りと川のせせらぎが響く自然豊かな龍神温泉です。その昔、修験道の開祖である役行者(えんのぎょうじゃ)が発見し、弘法大師が灘陀龍王の夢のお告げを受けて開いたとされる由緒ある温泉場です。江戸時代になっても、歴代の紀州徳川藩主の別荘地として、栄えた歴史ある名湯で、今も「上御殿」・「下御殿」の旅館名になっており、昔の名残を留めています。

那智勝浦温泉(和歌山県)

勝浦温泉は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録された熊野三山のひとつ「熊野那智大社」や「那智山青岸渡寺」、日本一の落差を誇る「那智の滝」がある那智山の麓の海沿いに湧く温泉地です。地元食材を使用した懐石料理が楽しめ、世界遺産熊野古道の散策の拠点としても最適です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です