古湯・熊の川温泉(佐賀県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動マヒ 関節のこわばり 打ち身 くじき 慢性消化器病
冷え症 病後回復 疲労回復 健康増進など

<所在地>佐賀県富士町古湯
<交通>佐賀駅バスセンタ-から昭和バス40分で熊の川、同バス10分古湯
<泉質>(古湯)アルカリ性単純泉
(熊の川)弱アルカリ単純弱放射能泉

 

kumanokawa.jpg

 

疲れたらゆっくりお風呂に入りたい・・・・。誰でもそう思います。賑やかなところより静かなところがいいことは勿論です。ストレスという言葉は聞き慣れて誰でも知っていますが、どうしたらストレスを取り除く方法は、分かっているようで、実のところは・・・・。

皮膚病もストレスからきているものが多く、どんな病気もストレスがからんでいると言っても過言ではないそうです。ストレスの手っとり早い解消法は環境を変えることだそうです。たとえ一晩でも「温泉に行こうか」というのは気分転換をはかる転地療法で効果があると言われてます。

古湯は温泉地でありながら地元の人は温泉のありがたみ、これまた知らないし知ろうとしないのは残念なことです。古湯には都会では得られない静けさがあり、山に囲まれた目に優しい緑は、神経を休め心身共にリフレッシュさせてくれます。

昔から皮膚病やキズに効く温泉と言い伝えられ、マムシに咬まれたら古湯に行けば治る・・・・と、はれ上がった足を引きずりながらの入湯風景がよく見られたそうです。マムシには血清の特効薬が有りますが当時は血清よりも温泉に対する信頼が強かったのでしょうか・・・・。

温泉は末梢の循環器障害、交通事故のムチウチ、後遺症や知覚、関節、運動障害、自律神経障害また激しい痛みを伴うリウマチの患者が温浴療法で医者の自分もびっくりするような治療効果が現われ、温泉療法にすがる”駆け込み寺”的存在になっています。

林業の盛んな土地柄から神経痛や筋肉痛など力仕事の疲れを癒すには絶好の場です。古湯とすぐ近くの清流沿いに、こじんまりと湯治場の雰囲気を残す、熊の川温泉があります。素朴な人情と環境の良さから多くの文人墨客が”佐賀の奥座敷”へと来遊して来たそうです。

日中友好に力を尽した郭沫若氏は故郷四川省の奥地に似ていると気に入って親子5人で住み、小説”行路難”などの作品を発表しました。温泉地を流れる嘉瀬川の”雄渕雌渕”渓流は、今でこそ奇岩絶景の地ですが、明治の晩年までは山から伐り出した木材の筏流しの最大の難所だったようです。

深い渕があり川底の洞窟は今だ誰も入ったことがなく、さまざまな伝説があります。町を一望する城山公園は戦国時代の山城跡で石垣、物見台、切通しなど往時の遺構があります。

九州では珍しい樹齢1000年と推定される桂の巨木があり、根回20mの基幹部から25本もの「ひこばえ」が群生していて国の天然記念物です。ダム建設で出来た北山湖畔は、いい汗流そう・・・・の健康づくりの里です。

釣人にはヘラブナの宝庫として知られています。観光資源は、あちこちに点在してしてますが、「食っていければいい」という、お人好的な考え方は”みんなでやって行こう”という意欲につながらず、人作りの大事さが気になるところです・・・・。

古湯・熊の川温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください