増富温泉 (山梨県)

スポンサーリンク
Pocket

慢性関節リウマチ 筋肉痛 腰痛 神経痛 神経炎 通風 神経マヒ 慢性皮膚病 婦人科疾患

<所在地>山梨県北巨摩郡須玉町増富
<交通>JR中央本線韮崎駅からバス1時間
<泉質>含放射能硼酸炭酸食塩泉

masutomi.jpg

 

戦に明け暮れた戦国時代、甲斐の武将武田信玄は、ご存知”風林火山”を旗印に猛威をふるっていました。甲州金山という軍資金にこと欠かない宝の山の支えがあったからで、その金鉱探しで見つけたと言われているのが増富温泉です。

自らも戦の疲れを癒し、また傷ついた兵士をいたわって療養につとめさせたことから下部と並ぶ”信玄の隠し湯”として知られています。日本有数のラジウム泉として脚光を浴びたのは、大正に入ってからで以来人気が集まりました。

秩父多摩国立公園の景勝地にあって、健全な体力づくり、県内の温泉で東の横綱が下部なら増富は西の横綱と言う人もいる程です。

ラジウム含有量は1リットル中1万2,300マッヘという驚異的数値が記録されて、世界的なものと騒がれました。

以来多くの人達が押しかけ、増富ラジウム温泉の研究で博士になった人が何人もいます。

ラジウム泉は、いわゆる放射能泉だが、放射能泉といっても心配はありません。出後空気中に散ってしまいます。

湯けむりの吸引が最も効果的とされていて、湯がぬるめだからゆっくりじっくりの長浴が上手な入り方だそうです。

ラジウム泉は湯疲れ、湯あたりを起こし易く、湯あたりすると、食欲不振や下痢など不快な思いをします。いくら温泉好きでも1日目は1回、次は2回、慣れても3回止まりとされています。

「温泉地に来たという解放感から、お酒を飲んで日頃のウサ晴らしも結構ですが、程々と言うことが大切です。酒、ビ-ルなど飲むと一種の脱水状態になります・・・・気をつけたいです。

風呂も脱水状態になります、泥酔しての入浴は厳禁です。高血圧の人は、入浴で一時血圧は下がりますが、あとで血圧が急に上がります要注意です。

増富は、専門のお医者さんがいる湯治場なので、安心です。また理想的な健康ランドを目指しているそうです。

「増富は遊興地ではない」と断固赤堤灯を排してきました。みんなに理解してもらえる時代が来たようだ・・・・と、温泉地の人達はひそかな喜びを隠せないようです。

増富の”奥入瀬渓流”はまた野鳥の天国です。渓流沿いに遊歩道になっていて、地元の人たちは東洋一ですよ・・・・と自慢する白樺林が続きます。

途切れたところに荒々しい岩石の山肌をしたミズガキ山が現われています。夏はキャンプ場や避暑地となり、山荘やテニスコ-トがあります。

のどかな田園風景、林の入口には豊作と繁栄を祈願した道祖神が石の祠に納められています。ラジウム街道からは、南アルプス連山が、絶景です。

増富を下った町の真ん中に”みそなめ地蔵”があります。信玄が信濃攻略の際、見つけて引いて来ましたが突然動かなくなりこの地に安置したと伝えられています。

海のない甲斐の国では塩は貴重品、塩が手に入ると先ず味噌を作ったそうです。その味噌を、お地蔵さんの体の同じ患部に塗って平癒を祈願します。

お地蔵さんは全身味噌だらけですが霊験あらたか・・・・。町の人達の大きな心の寄りどころになっているようです。

増富温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です