三丘温泉(山口県)

スポンサーリンク
Pocket

関節痛 神経痛 筋肉痛 慢性消化器病 痛風 動脈硬化症 高血圧症 慢性胆のう炎 胆石症 慢性皮膚病
慢性婦人病 切り傷 糖尿病など

<所在地>山口県熊毛郡熊毛町三丘温泉
<交通>JR山陽本線島田駅からバス15分
<泉質>含弱放射能硫黄泉

mioka.jpg

 

山合いの、長閑な田園風景が続く三丘(みつお)温泉の町は、鍋鶴の飛来地として知られています。遠くシベリアから鶴がやって来たのは明治の初めで、その頃は全国各地に飛んで来たと言われてます。しかし、ほとんどの鶴は捕まえられて姿を消しました。

難を免れた鶴がこの地を安住の地と住み着いたとのことです。今では本州でただ1ヵ所の飛来地です。鶴は用心深く殊に物音に敏感で、脅されたりすると、すぐねぐらを変えてしいます。

鶴がやって来るのは、町の人達みんなが鶴と共存を図り、心の優しい人達ばかりだからではないでしょうか。開湯伝説には傷ついた鶴が元気になって飛び立ち温泉の在りかを教えてくれた。三丘温泉の発見は鶴の恩返しで開湯されました。

患者の半数以上が脳卒中経験者です。発作を起こす前、必ず何らかの前兆症状があったはずなんですが、それを年のせいだの、大したことない、と自分勝手な甘い考えの判断が落とし穴なのです。

国立湯田温泉病院の那須野先生は、苦言を呈されます「糖尿病の合併症が多い。糖尿病というと、美味しいものばかり食べる。贅沢病などと言われたものですが、病気を引っぱり出しては、贅沢も命とりになり兼ねない。人間誰でも年をとれば、いつかは病気になる。」

続けて「お手洗いに夜中に何回も行ったり、出方がちょろちょろだったり、残尿感があったり・・・・は、病気の前ぶれですから早目早目の診察を受け、相談することが一番賢明な生き方です。」と説明される。

温泉リハビリの治療効果は大きく、温泉を病気予防の一つの方法として利用した方がもっとよい。三丘温泉には、そうした体力作りの施設がいろいろあり、心休まる静かな環境も素晴らしいとのこと。

三丘温泉は環境庁の国民保養温泉と健康増進地の指定を受けています。山陽自動車道・熊毛ICの開通で山口から70km、広島から75km、中国道利用で下関からでも120kmの距離です。

温泉はしっとり落ち着いた純和風の宿や、ゆっくりくつろぎの保養向き湯治宿などがあります。ちびっ子やおじいさんも仲間入りした家族ゴルフなどが楽しめるゴルフ場も・・・・。

町では、小さな自然を大事にしています。夏はホタルの乱舞を鑑賞することができます。また小川のほとりに約3,000坪の用地に、町の人達とよそから訪れてくれる人達が和やかにふれ合い、語り合う、ニュ-湯治場づくりを計画していそうです。

三丘温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください