湯元温泉(栃木県)

スポンサーリンク
Pocket

慢性皮膚病慢性婦人病 神経痛筋肉痛 関節痛冷え症 疲労回復健康増進

<所在地>栃木県日光市湯元温泉
<交通>浅草から東武特急ロマンスカ-で1時間40分、宇都宮からJRもある。日光から直通バス1時間15分
<泉質>硫黄泉

yumoto.jpg

 

日光を見ずして結構というなかれ・・・・。ご存知のように、日光を支える二社一寺(、東照宮、二荒山神社、輪王寺)中でも東照宮の陽明門をはじめとする極彩色の華麗な健造物を云ってるのでしょうか・・・・?。

年間約800万人の観光客が訪れる。日光ヘアピンロ-ドの、いろは坂を登りつめた所に華厳の滝さらに中禅寺湖を左右に眺めながら男体山の裾野に拡がる戦場ヶ原を進むと、奥日光に日光湯元温泉はあります。

日光からバスで1時間15分あまりですが、マイカ-で行くと3時間は掛かるそうです・・・・。不思議ですが、理由は、途中それだけ見所が多く車を止め、寄り道をするからだそうです。

日光は1200余年前、厳しい荒行で知られる天台宗の僧、勝道上人が苦闘の末、男体山の山頂を極めて開山したのが始まりとされています。以来男体山は神の山として山岳信仰の本山となって栄えました。

“人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず・・・・”の遺訓を残したのが徳川家康公です。

日光を一度も訪ねたことはないが話を聞いて大変気に入り「日光の山から国家安泰を見守り続ける」との遺言で東照宮が造営されたと伝えられています。

史実に裏打ちされた人工美と自然美が調和している処が日光で、奥日光の俗化されない白樺林とモミの大木などで囲まれた静かな自然環境の湯元温泉は、一生に一度は訪れたい場所です。

栃木県の観光は日光に代表されますが、東京首都圏に近いことから健康保養の温泉利用に目を向けています。

温泉地は日光湯元のほか鬼怒川、川治、塩原、那須、板室など日光国立公園内の自然景観に優れた那須火山地帯に約40ケ所余りも温泉処が密集しています。

歓楽型から昔ながらの素朴な湯治場、さらに秘湯と変化に富んでいて泉質も8種類もあります。

温泉効用は環境と温度、成分それに利用者本人の体調によって異ります。出かける前に専門医に相談して決めることが大切です。

一般的な心得、

1.入浴前十分にかけ湯して身体を慣らしてゆっくり入る。

2.温熱刺激で血液が皮膚の表面に集まり、胃の血液循環が悪くなるので消化によくない。従って食事の直後や空腹時は避ける。

3.浴槽の縁を枕にして浮力を利用し伸び伸びと楽な姿勢で静かに入る。

4.温泉に入るだけで、かなりのエネルギ-(40℃20分の入浴で220kcal)を消費し、運動したと同じ疲労を伴うので入浴後は30分から1時間位休憩するなどは知っていてほしい、と温泉療法医の先生は、説明されてます。

金精峠の伝説

日光湯元温泉は延歴7年(788年)日光開祖の勝道上人が発見して薬師湯と名付け、その後慈覚大師が功徳力のある療養延命の名湯として世に広めたと伝えられています。

江戸時代は入浴者に対する掟も定められ、当時は女性の入浴は禁止でしたが、明治に入って解禁されたそうです。現在は女性客の方が断然多いとのことです。

湯元から群馬県に通ずる道路を金精峠と呼ばれています。現在は、有料道路のトンネルが開通しています。

峠の頂上に金精神社があります。峠を嘗ては木叢(きむら)峠と呼んでいたようで、キムラは木の枝が群がり茂って昼なお暗い峠という意味だそうです。

山中に珍しいキノコが生えています。別名キムラ茸と呼ばれ食べると元気もりもりになる薬茸と重宝にされたそうです。

キムラ茸がキムラ峠に生息するので、ある頓智者がキムラのムをマに変えキの字を外して発音したと逸話が残ってます。

峠に祀るご神体が〇〇茸で、家庭円満、子孫繁栄、会社盛業の神様となって広く信仰者を集めているそうです。

日光連山は男体山をはじめ女峰山、長男の太郎山、孫の大小真名子(まなご)山などの名称がついていてその奥に金精山、金精峠があることは民族学的にも面白い・・・・。とのことです。

湯元温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です