七沢温泉 (神奈川県)

スポンサーリンク
Pocket

リウマチ 皮膚病 火傷 胃腸病 神経痛 病後疲労回復など

<所在地>神奈川県厚木市七沢
<交通>小田急線本厚木駅から神奈川中央交通バスで25分
<泉質>弱アルカリ単純泉

nanasawa.jpg

 

ガンに続いてリウマチ患者の存在がクロ-ズアップされています。全国に40万人とも50万人とも言われ、”退治”するには国家予算を、そっくり注ぎ込んでもまだ足りないだろうと言われるほどの難病です。

リウマチといっても多種多様なのです。大半は俗に言う働き過ぎによる変形関節症と言いますが、悪性となると、ちょっと具合が悪いようです。

医学が進歩した現代今なお原因不明でその苦痛は病気になった人でなければ解からないという激しいものだそうです。

その痛みを、生涯引きずっていくだけに家族の不安、心配も大きいのです。痛みをとるため薬を服用しますが、長期間飲み過ぎると、今度は厄介な副作用を起こす事例が多いようです。

温泉効用に必ずといっていいほどリウマチと記してありますが、温泉の温熱効果が鎮静作用として働き、リウマチに限らず脳卒中の肩の痛みや、神経痛、筋肉痛などをやわらげ、時には取り去ってくれることもあるそうです。

リウマチ症状には3つのポイントがあるそうです。

・朝、手がこわばる。
・はれている関節が3つ以上ある。
・左右対称に関節がはれている。

リウマチは、なぜか男性より女性に患者が多いといわれてます。七沢温泉には、七沢、広沢寺、かぶと、と3つの温泉があります。七沢、広沢寺は肌ざわりもさっぱりの弱アルカリ性単純泉で保養休養型の温泉だと言われてます。

かぶとは強アルカリで刺激もあり傷や皮膚病に効能ありの療養型の温泉です。七沢温泉は、首都圏に近い自然の緑に守られた安らぎの里と評されています。

温泉療法は、脳卒中の片マヒ治療、寝たきりの(床ずれ)の治療、などに効果をあげて注目を集めています。

温泉は身体によい、しかし、ただ入ればよいという素人療養は、病気を悪化させることにもなるそうです。

温泉療法医に相談するのが賢明な方法です。保養の湯治も、温泉に浸るだけでは効果は半減するそうです。

適当な運動が必要なので、七沢温泉には森林浴も兼ねた絶景の散歩道が沢山あり、散歩の散策地も数多くあります。

茅葺屋根で山寺の風格をもつ、日向(ひなた)薬師もその1つです。僧行基開創という古刹で健康保持の、仏様として信仰を集めています。

本尊の薬師三尊は、一木造りのナタ彫りという平安初期の代表的作だそうで重要文化財になっています。

広沢寺温泉から1km余り、野鳥のさえずりを聞きながら進むと、滝の音が聞こえてきます。

山深い丹沢の雪融け水が5段の滝を作って渦をまき渓流となって流れています。脇に3mもある巨石が2つ、手を合わせるように並び、その奥には、蛇の宇賀神と弁天様が祀られています。

昔、日照続きで困った村人たちが、流れ落ちる滝の水を「なんとかしてくんろ」となりふりかまわず、下オビを外して宇賀神の蛇を追いかけて雨乞いをしたそうです。

願いがかなって、本来は仏様の弁天様なのにに鳥居を建て、滝壺が釜の形をしていたことから、その名も大釜弁財天、雨乞いの神社にしたという伝説があります。

県立七沢森林公園は温泉のすぐそばにあり、自然とふれ合う憩いの場となっています。四季折々の草花が咲き、地方の面白い民話を立体紙芝居で見せてくれる森の民話館があります。

飼い主にとってはペットも家族です。ペットと一緒に泊まれる宿もあります。広い庭園に山小屋風の離れが10棟ほどあり、ペット専用の露天風呂もあるようです。

七沢温泉 おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です