七滝・大滝温泉 (静岡県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛 筋肉痛関節痛 五十肩関節のこわばり 運動麻痺慢性消化器病 痔疾冷え症 慢性婦人病慢性皮膚病
動脈硬化症

<所在地>静岡県賀茂郡河津町
<交通>伊豆急行河津駅よりバスで20分、伊豆箱根鉄道修善寺駅よりバスで1時間
<泉質>単純温泉・芒硝泉・弱食塩泉

nanataki.jpg

 

伊豆の国立伊東温泉病院は昭和14年、傷痍軍人伊東温泉療養所として創立されました。戦後他の国立病院と同様に厚生省に移管され、国立療養所となり、昭和25年に国立伊東温泉病院となりました。

創立以来温泉治療を主軸としてきましたが、治療の対象に、リウマチを早くから取り上げ、リウマチ患者が全国から集まるようになりました。昭和32年には厚生省のリウマチ診療センタ-第1号に指定され、温泉療法とリハビリテ-ション主体のリウマチ専門特殊病院としてクロ-ズアップされました。

、温泉独特の浮力や温熱を利用した機能回復訓練を目的としていて、特殊な水中トレッドミルも設置されていて、速度の変化する床つきの水槽内を患者が歩行し、医学療法士が歩行姿勢や速度をチェック・矯正するのだそうです。

床ベルトの回転速度変化で歩行速度を調節したり、水深を80~110cmに変化させたりと、患者ひとりひとりの状態に応じた矯正・チェックが可能だそうで、俗にいうリウマチは正しくは「リウマチ性疾患」と言うそうです。

荷重、加齢によって発病する「変性の関節変形症」と、全身の関節が痛む「炎症性の関節リウマチ」などに大別できて、前者の変形症はどんな温泉でもいいそうです。

ゆっくりと湯治をしていれば知らず知らずのうちに痛みや腫れがひくそうです。変性の関節変形症は、温熱作用の刺激に強い病気なので泉質を選ばないようです。

関節リウマチの場合は、病状もかまわず好きな時に湯治をするのは危険という事です。炎症が反覆することが多いので、専門の医師の判断で入浴法を選ぶ必要があると言われます。

関節変形症の人と一緒になって湯治を続けても悪化するばかり、と言ったこともあるそうです。痛い=リウマチ→温泉という短絡的な図式は捨て、医師の診断により自分の病気がどんな病状の病気なのかを把握することがまず必要だそうです。

リウマチ神経痛は「環境のよい温泉地でゆっくりと湯に浸かるべし」とのことです。伊豆・河津温泉郷の七滝・大滝温泉は、北に天城峠、その天城から発した河津川上流の渓谷沿いに静かにたたずみ伊豆の秘湯と呼ばれるにふさわしい処です。

昔からこの地では滝のことを「タル」と呼び、渓谷づたいに7つの滝があることから「七滝(ななだる)温泉」の名がついています。7つの滝のうちいちばん大きい大滝下に湧く温泉は「大滝(おおだる)温泉」と呼ばれています。

旅館7軒、民宿8軒と温泉の規模は小さいですが、露天風呂のある旅館が多いのが特徴で、木々の緑や渓流、ダイナミックな滝の落ちるさまを見ながらの入浴は気分爽快です。

大滝温泉では、高さ30m、幅7mの滝を目前にした河原の湯が格別な味わいがあります。7つの滝をみて回る散策ル-トもあり、ストレス解消や健康増進への配慮も十分です。

七滝・大滝とも単純温泉なので刺激が少なく、神経痛にはよく効くそうです。特に大滝温泉は、弱食塩泉なので保温性に効果がある温泉です。

七滝・大滝温泉おすすめ宿 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です