鳴子温泉郷(宮城県)

スポンサーリンク
Pocket

(鳴子)萎凋病 神経痛 リウマチ 皮膚病 循環器病ほか
(東鳴子)神経痛 リウマチ疾患 慢性消化器疾患 糖尿病 慢性婦人科疾患
(川渡)神経痛 リウマチ 脚気 慢性中毒症 皮膚病 病後術後療養
(中山平)高血圧症 動脈硬化症 慢性便秘 リウマチ 神経痛ほか
(鬼首)胃腸病 リウマチ 神経痛 慢性婦人病疾患ほか

<所在地>宮城県玉造郡鳴子町
<交通>
(鳴子)JR陸羽東線鳴子温泉駅からすぐ。古川駅からバスあり。
(川渡)同線川渡温泉駅から徒歩15分
(中山平)同線中山平温泉駅徒歩5分
(鬼首)同駅からバス40分
<泉質>
(鳴子)単純泉・重曹泉・含塩泉・硫酸塩泉・硫黄硫化水素泉
(東鳴子)重曹泉・単純硫化水素泉・含食塩芒硝重曹泉ほか
(川渡)含硫黄、ナトリウム炭酸水素泉
(中山平)単純硫化水素泉・単純硫黄泉・重曹硫化水素泉・含芒硝重曹硫化水素泉
(鬼首)単純泉・食塩泉・硫化塩泉

 

naruko.jpg

 

1100年ほど前、静かだった森が突然に地震に襲われました、激震は数日間も続きあちこちから熱湯が噴き出したそうです。鳴子温泉郷は、火山活動で作られた郷なので”鳴郷”と呼ばれたそうです。

他説には、源義経が鎌倉に追われて奥州平泉に逃れる途中、側室、北の方が男の子を産んだとき、赤ん坊が産声を上げなかった。そこで、温泉で産湯を使ったら元気な声で泣きだしたそうです。

それで唏子(なきご)、鳴子呼ばれるようになったとか。両者共になるほどと思われる名前の由来伝説です。鳴子の湯を、玉造の湯とも呼んだそうでです。

その頃、鳴子は、水晶が豊富に採掘されていて、上質の水晶玉が朝廷に献上して珍重されていました。水晶玉の産地とゆうことで付いた呼び名のようで、鳴子町の地名は今も玉造郡となっています。

古い歴史をもつ川渡(かわたび)をはじめ、鳴子、東鳴子、中山平、そして少し離れたところに鬼首(おにこうべ)など俗に鳴子八湯と言われ多彩な表情をもった温泉郷です。

泉浴は楽しみながらの健康増進、温泉は大まかに11種類の泉質に分類されますが、鳴子にはこのうち9種類があります。これまでは観光の宴会型の宿泊が主流で、遊び場的場所の考えが一般的でした。

今は、”本物志向”が求められるように変化が起こっています。、”正しい湯治のあり方”とか”入浴方法””湯治の効果を高めるために”など・・・・。宣伝の内容が変わってきました。

家庭の風呂と違い、温泉の浴槽は大きくのびのび出来ます。それに騒音のない周囲の自然環境が与える心理作用は極めて大きく、健康づくりの大切な要素です。

温泉は、心身共にリラックスさせる。また温泉刺激は生体代謝、自律神経や免疫機能を活発にさせるから自然に病気予防につながるということになると云われています。

鳴子は昔ながらのロクロを挽くこけし作り盛んで工人が軒を並べるこけしのふる里ででもあり、「こけしの収集は鳴子に始まって鳴子で終る」と言われる程に有名です。

お腕類の木地業を営む男達が、里のわが子のために木を削り顔を書いて人形を作ったのが始まりとされています。江戸末期から雪深い東北地方の温泉地を中心に育まれてき木工製品は名産品です。

こけし職人は師から弟子へ、厳しい徒弟制度の中で感覚的に受け継がれ、原木の選定から色付け顔の仕上げまで、すべて1人で作られます。

鳴子こけしは胴が太くて安定感があり、写実的な菊やかえでの模様が多く、絵模様は作者の紋どころとなっています。

こけしの首を回すとキイキイ鳴くのが特徴です。見る人の、心で喜びや悲しみの表情に変る不思議な魅力をもっています。

鳴子郷は、秋の紅葉が素晴らしいと有名な景勝地です。鬼首温泉は、昔、東征の坂上田村麿呂が朝廷に刃向かう土豪の首をはねた故事がその名を由来と聞きます。

朝廷に対する逆らう者はすべて鬼だったようです。この地方では珍しいですが、間つけ泉も噴き上げています。

鳴子温泉郷おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です