雲仙・小浜温泉(長崎県)

スポンサーリンク
Pocket

「雲仙」皮膚病神経痛 慢性湿疹婦人病 金属中毒「小浜」創傷神経痛 リウマチ性疾患など

<所在地>長崎県南高来郡小浜町
<交通>JR長崎本線諌早から県営バス1時間で小浜。小浜からバス30分で雲仙
<泉質>「雲仙」硫化水素泉「小浜」食塩泉

unzen.jpg

 

雲仙は昭和9年(1934年)日本で最初の国立公園に指定された自然に恵まれた国際観光地です。その中心になるのが小浜温泉です。奈良時代に発見したと伝えられる古湯です。雲仙(うんぜん)岳、熱い湯の出る山の麓にあるので、もとは温泉(うんぜん)温泉だったが、紛らわしいので国立公園指定を機に知恵を集めて雲仙と改称したそうです。

雲仙が有名になったのは、秀吉から始まって徳川時代までのキリシタン弾圧です。 今も轟々と凄まじい噴煙を上げる”雲仙地獄”は、今でこそ雲仙最大の名所ですが、かつては隠れキリシタンの人たちに対し転教を責めた残虐な拷問の刑場跡地です。踏み絵を拒んだ多くの教徒が煮えたぎる地獄の釜に投げ込まれました。

その数200人とも300人とも言われる。その哀話は、誰が捧げるのか今も野花の供花が絶えない殉教の碑が物語っています。

雲仙西麓の海岸端にあるのが小浜温泉です。島原の乱後、漢方医だった中国の僧が来遊して温泉の療養効果を伝えました。

当時は海辺に自然石で囲っただけの湯舟に海の満潮時、湯をとり込んで浴びる素朴なものだったそうですが「キズが治った。腰の痛みがとれた」と忽ち評判が広まり長屋式の湯治場が出来ました。

当時小浜の庄屋は温泉を取締まる役目の”湯太夫”に任じられ、今も湯本にその湯太夫邸が往時の面影を残しています。

近代建築に生まれ変った温泉街には源泉の湯煙が汐風になびき、海に落ちる夕日が・・・・。小浜温泉は、日本で最後に夕日の沈む街と称してます。

雲仙・小浜、山と海、また泉質も全く違った温泉です。温泉療法は、どんな病気にも必ず効くとは限りません。出掛ける前に専門医に相談を・・・・。

緊張感から解放されて、ゆっくりくつろぎたい時は海が・・・・。海浜は鎮静作用があるそうです。

雲仙は海抜750m位あるので夏は清浄な大気と豊かな紫外線のシャワ-を浴びる避暑地でもあります。

貧血やノイロ-ゼ、喘息、慢性気管支炎、また糖尿病、痛風、肥満の人にいいと言われてます。ちょっと離れた小地獄には長期滞在が出来る心安らぐ湯治宿が並んでいます。

共同浴場は、古めかしい建物ですが、新鮮な湯が溢れ出ていて魅力満点です。

見知らぬ土地の人達から思いがけない話が聞けたり、その出会いは湯治の楽しさを2倍にも3倍にもしてくれます。

民話伝説の史跡を訪ね回るのも面白いです。200年ぶりに火山噴火したのは雲仙最高峰の普賢岳(ふげんだけ)です。

一部マスコミはこれを雲仙岳と誤報したため、雲仙温泉は一時客足が激減して、とんだ目に遭ってしまいました。

島原の人達の被害は絶大でした。火砕流は記録にありますが、、実際に体験した人は誰もいません。

日頃穏やかな潤いを与えてくれる自然も、ひとたび暴れると人間様の力など到底及びもつかない、凄まじいエネルギ-の猛威を見せるものですね。

雲仙・小浜温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください