奥津温泉(岡山県)

スポンサーリンク
Pocket

<所在地>岡山県苫田郡奥津町奥津川西
<交通>JR津山駅から中鉄バスで70分,中国自動車道の院庄ICから国道179号線を車で30分
<泉質>アルカリ性単純温泉
<効能>慢性消化器病・リウマチ性疾患・神経痛・胃腸病・皮膚病

okutu.jpg

 

奥津温泉は岡山県の最北部に位置し、中国山脈のふところに抱かれた山合いのいで湯です。中国山地に、東から湯郷、奥津、西に湯原の三温泉があり、これを称して美作(みまさか)三湯と呼ばれています。

温泉の起源については、さまざまな言い伝えがあり、古くは八雲朝廷の時代にまで逆上ります。大国主命の命を受けた少彦名(すくなひこな)命(みこと)が巡撫使として地方を巡視した際、発見されたものと伝えられています。

療養の温泉としての歴史も古い。今から400年余り前の戦国時代には、山陽と山陰地方の諸将の勢力争いは中国山地を中心に行われていました。

天正時代(1573~1591年)石洲津和野城主、坂崎出羽守が宇喜多(うきた)左京(さきょうの)亮(すけ)詮家(あきいえ)と名乗る頃、創痍を入湯で癒したと伝えられ、戦国時代には多勢の人々が入湯して賑わっていました。

江戸時代には津山藩主、森忠政公が入湯し、また、四代藩主、森長成公が3週間に渡り入湯して病を治したと伝えられ入湯に便利なようにと別荘が造られました。別荘の敷地は広大であり、今も「御殿屋敷」という地名が残っています。

藩主、御内室の入湯には、土地ものの使う一般浴場と藩主用の湯を別けて楼屋を作り、藩主用には常に鍵がかけられ一般の入浴を禁じました。これが「鍵湯」の由来です。

鍵湯は、一般村人用の村湯と区別し、鍵湯を藩主用としたところから、上湯とし、村湯を下湯と称したそうです。

「奥津町」という町は、藩主自ら、この温泉場に目をかけており、各地からの湯治客で賑わっていたことがうかがえます。

現在、鍵湯は奥津荘の男子浴場として利用され、村湯は奥津荘別館の共同浴場および町営温泉として土地の人々に利用されています。

“姉さんかぶりに、揃いの紐、赤い腰巻に赤だすき”というスタイルでの洗濯風景が、奥津温泉の風物詩「足踏みせんたく」です。

その昔この地方には、熊や狼が多く、川の畔りの洗濯場で洗濯をするにも、見張りをしながら立姿のままで洗濯をしていました。

その独特の風習が、今日に伝わったものだと言われています。清流吉井川が流れる奥津橋のたもと、自然に湧き出る露天風呂で行われる足踏み洗濯です。

土地の娘さんや若いお嫁さんによって、奥津温泉小唄に合わせて踏む姿は、一見ダンスを踊るようにも見えます。

奥津温泉の下流に、「名勝地奥津渓」に指定されている奇岩の奥津渓が有ります。この渓谷は海抜400m、延々3kmにおよぶ吉井川の源流に臨み花崗岩の板状摂理と侵食により、数十万年かの歳月をかけて、自然が形造った珍しい横穴(おうけつ)は自然の驚異を感じさせます。

奥津温泉の下流、笠ヶ滝から般若時を経て臼渕まで3kmにわたって十数個の穴群が見る事ができます。

この奥津渓八景一帯は、春にはコブシ・シャクナゲ・ツツジ、夏には山頂より吹き降ろす冷風が新緑をゆらし摂氏25℃以下で・・・・避暑地となります。

また、秋には全山錦を織りなす効用、冬は樹氷というように、四季の自然の美は尽きません。豊かな自然に恵まれた奥津温泉には、自然とふれ合うレクリエーション施設が沢山あります。

奥津渓谷沿いには自然探求歩道があり、ハイキングやピクニックなどに最適のコースとなっています。渓流では山女釣り、鮎掛けを楽しむ釣り人達も多く訪れます。

森林浴の宝庫でもある奥津町には、1,000人収容できる泉源キャンプ場、岡山県立森林公園があります。

標高840~1,100mに位置し、面積333haの大規模な公園の中には、自然研究路の遊歩道に登山道、林間園地、自炊式の宿泊施設、展望台、展示室のある管理センターなどが整っています。

園内では、何百種類もの植物や昆虫、バードウォッチングがたっぷり楽しめます。

奥津温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください