榊原温泉 (三重県)

スポンサーリンク
Pocket

胃腸病神経炎 湿疹皮膚病 婦人科疾患糖尿病など

<所在地>三重県久居市榊原
<交通>大阪難波(上六)近鉄特急1時間、榊原温泉、送迎バスあり
<泉質>アルカリ性単純泉

sakaki.jpg

 

伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ・・・・。伊勢音頭の一節です。伊勢は日本人なら、一度は自分の足で玉砂利踏んでお詣りしたいと、ひそかに想いをはせる場所でもあります。

伊勢にほど近い所に榊原温泉があります。「湯は七栗(ななくり)の湯、有馬の湯・・・・」これは清少納言の枕草子(まくらのそうし)の一節です。この七栗の湯が榊原温泉です。昔この辺り一帯は七栗と呼ばれていたそうです。

清少納言ゆかりの平安の昔から京の都に知れ渡っていたところだけに歴史は古く、その湯の守り神として射山(いやま)神社が祀られています。

神社は延喜式(927年)の神名帖に、その名が出ている格式ある社(やしろ)で、湯の神としていることから当時すでに温泉が湧き出し、人が住んでいたことが伺えます。

射山神社の浄水に、この地で育った榊を一夜浸して伊勢神宮の例大祭に奉納していたことから榊原の名が付いたと云われてます。

湯治と呼ばれてきた温泉療法は、外傷の治療や働き過ぎの骨休めに効能ありとされていました。

平安時代、都で知られた榊原は江戸時代に入って西は大阪堺、東は尾張からの湯治客らが押しかけ、明治の文書に賭博ご法度、売春禁止の通達が出されていたことでも、その賑わいぶりが伺われます。

人は誰でも動ける間は、自分は病人でないと思っています。温泉で精神面の休養をとり健康を取り戻す、これからは温泉利用時代なのでは・・・・。

温泉地の高台に”ふれあいの里・湯の瀬”と名付けた市営の温泉保養館が出来ました。サウナ、うたせ湯り、圧注浴、泡沫浴など10種類の温浴が存分に楽しめます。

榊原も度々飢餓に見舞われたそうです。農家の人たちに対する年貢米の取り立ては厳しく飢えに苦しんだそうです。

困り果てた村人は、射山神社から湧き出る温泉を4斗樽に詰めて隣の津の町に売りに行き、帰りに津の海で作った塩を買って、

その足で山越えして、塩に不自由している伊賀に行き、米と取り替えて村人は飢えから救われた・・・・という逸話があります。

この昔話に、今何か忘れている大事な”教訓”があるのでは・・・・。

榊原温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です