白骨温泉 (長野県)

スポンサーリンク
Pocket

動脈硬化症 しもやけはくろう病 頸肩腕症候群慢性皮膚病 慢性関節リウマチ痛風
膀胱炎慢性消化器疾患 慢性胃炎便秘 糖尿病血行障害

<所在地>長野県南安曇郡安曇村
<交通>JR中央線松本駅から松本電鉄30分新島島下車バスで1時間
<泉質> 硫黄泉(硫化水素型)含二酸化炭素-カルシウム-炭酸水素塩泉
カルシウナトリウム-炭酸水素塩泉

sirahone.jpg

 

中部山岳国立公園の南端、北アルプスと呼ばれる乗鞍岳の東麓に位置しています。梓川の支流、湯川をのぞむ標高1,400mの山合いには、旅館も13軒と少なく、ひっそりとした佇まいの温泉町の風景が広がっています。

温泉は本湯・綿湯・疝気(せんき)ノ湯があり、古来より「3日も入れば3年風邪ひかぬ」と称されるほどの名湯として知られています。

中里介山の『大菩薩峠』の舞台ともなり、剣豪机竜之介がここで眼病を治療したことでも有名な処です。

浴後の散策に、天然記念物の噴湯丘や球状石灰岩、鬼が城の奇岩、飛騨大鍾乳洞などの大自然の景観を楽しむことができるのも大きな楽しみのひとつです。

白骨を訪れる人たちは、主に温泉の効能に期待を寄せる湯治客が多いようです。しかし話によると、四季折々の自然の美しさを観賞したり、中には高原の山菜の味に魅せられてやってくる人も少なくないと聞きます。特に白骨の蕎麦は、天下一品の味です。

「白骨」は、以前は「白船」と呼ばれていましたが、この村では、栃の大木をくり抜いて丸木舟のように掘って水桶などに用いていました。これを、白骨の人たちは”フネ”と呼んでいたそうです。

湯槽の内側が石灰分の結晶で白くなるので「白船」と名付けられたという説もあります。倒れた木に温泉の白い結晶が付着して、「枯骨」のように見えたことから「白骨」と言われるようになったという説もあります。

そのあたりは定かではありません。昔は「白船」と呼ばれていましたが、『大菩薩峠』の中で”白骨の巻”と使われたことで、現在の呼称「白骨温泉」が不動のものとなったのは確かなようです。今では、地元の人でも「白船」と呼ぶ人はほとんどいません。

白骨温泉の標高は1,400m。気温・気圧が低く、空気は乾燥し、紫外線に富み、細菌や塵埃が極めて少ない。絶景の地形と高地高山気候は、好影響を人間の身体に与えてくれます。

1.気温が低い・・・・ 山の高度が上昇するにつれ気温は下降します。低温であることは、皮膚表層の神経系に強い刺激を与え、身体全体がいつのまにか抵抗力をもつようになります。

2.気圧が低い・・・・ 気圧が低い、つまり酸素の量が少ないと、骨髄などが刺激されて血色素や赤血球が増加します。多くの酸素を取るために、呼吸もゆるやかなで深くなり、呼吸筋が活発に働き、肺活量などの呼吸機能が増強されます。

3.日光・紫外線・・・・ 山岳地は空気が清浄で日光も豊富なので、紫外線は平地に比べてはるかに多いです。紫外線には殺菌作用や、体内にビタミンDを作る働きがあります。

4.松林・滝 針葉樹や闊葉樹・・・・原虫類から身を守るための芳香性テルペン系物質が発散され、空気をきれいにするフィトンチッド作用がもたらされます。

以上の条件を備えた白骨温泉は日本屈指の山岳温泉で、国民保養温泉地にも指定されています。

白骨温泉の泉質は、硫化水素泉は動脈硬化症に、重炭酸土類泉は、胃腸病やアレルギ-性疾患に良いとされています。白骨温泉の露天風呂で色が白く濁り、温泉情緒もたっぷり満喫できます。

白骨温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です