修善寺温泉 (静岡県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛リウマチ性疾患 慢性胃腸病

<所在地>静岡県田方郡修善寺町
<交通>新幹線三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅まで30分 さらに修善寺温泉までバスで7分
<泉質>単純温泉弱食塩泉(ナトリウム-塩化物泉)

 

syuzenji.jpg

 

夜明けを告げる鐘の音の余韻が町を流れる渓流に消えた。修善寺温泉は約1200年前の平安初期に弘法大師が発見したと伝えられる、湯どころ伊豆最古の名湯です。

川の畔りで病に倒れた父親の体を洗っている少年の姿を見た弘法大師が、その孝心に心をうたれ、川の水ではさぞ冷たかろうと手にした仏具の独鈷で岩を砕いたところ霊湯がこんこんと沸き出したというのが同温泉の開湯伝説です。

町のまんなかを流れる桂川のほとりに、いまもその「独鈷の湯」が人の情けを伝えるかのように残り、修善寺のシンボルとなっています。

温泉とともに歩いた町の人達が「弘法さま」と呼んでいるのが曹洞宗の名刹修禅寺で弘法大師を開基とした温泉発祥の修禅寺です。

朝5時、昼11時、夕6時の一日3回、時の鐘を九つずつ打つ。4日で百八つ。煩悩消滅、欲を捨て心おだやかに、人には親切をと大師の心を教えています。

伊豆はその昔流刑の地であったという説があり、桂川、嵐山などの地名があるのは京の都から遠く落ちのびた人達が、都をなつかしく偲んで名付けたものだと聞きます。

伊豆の交通の要所でもあり、木賃宿から湯治場へ、外湯だけだった温泉を内湯に引いた内湯宿へ、そして、旅館、ホテルへと姿をかえてきました。

これらの旅館は弘法様と一緒という「同行二人」そのままにお寺の前に土産物店と軒をつらねており、その移り変わりのさまがそこかしこに見えかくれしながら、しっとりと落ち着いたたたづまいを見せています。

温泉はアルカリ性単純泉で身体になじみやすい泉質が、腰痛や慢性関節リウマチ、神経痛、胃腸に効くという人の話から湯治という風習がうまれた。

実際はいまも昔も、その温泉をとりまく環境が大きく左右し、近年とくに気候風土の環境が見直されてきました。温泉地は休養向き、それに保養、療養向きの3つに分けられるそうです。。

いろいろ歴史的なもの、多くの文人が訪ね、その史跡は数知れずあります。御詣り前の浄めの場はどこの神社寺院にもありますが、修善寺は龍口から水ではなく温泉の湯が水槽に流れています。

温泉法が改正され、修善寺の湯は伊豆で第1号の飲用温泉となっています。ヤカンやポリ容器に入れて持ち帰り、お茶代わりに飲んでいる人がいますが、温泉は源泉に近い新鮮なものほどよいとされてます。

飲泉すると胃を直接に刺激して胃酸を出させます、空腹になると胃がチクチク痛む胃酸過多症にも効果があるそうです。また冷やして飲めば慢性の便秘によいと云われてます。

歌舞伎『修善寺物語』修善寺、寺宝の夜叉王の古面を題材にした岡本綺堂の戯曲で修善寺を舞台にした最大の傑作といわれています。

川端康成も、有名な『伊豆の踊り子』には主人公とお踊り子が修善寺で出会い、そして天城越えして下田へ旅する模様を書いてます。

源氏滅亡の悲劇もこの地で、北条政子寄進の経堂指月殿は父と子の葛藤のはざまに立った母政子の切々たる思いを今に伝えています。

自然公園は、春の梅、桜から秋の紅葉まで年中花が咲き、森林浴の遊歩道で健康づくりを・・・・。自然公園の中には文豪夏目漱石が書斎にしていたという宿の建物を移築して茶室としています。

ほか、岐阜県徳山村の民家9棟を復元し、匠の村と名付けて和紙の手漉きなどを実演しています。

一段高い縁の丘にはイギリス村、カナダ村の西洋エリアでは、ミニSLを走らせたりしています。お年寄りから子供まで楽しめるところ、ウグイスや多くの野鳥たちの囀りを聞きながらの露天風呂は・・・・。

修善寺温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です