十津川温泉(奈良県)

スポンサーリンク
Pocket

(浴用)創傷 火傷皮膚病
(飲用)慢性消化器疾患肝胆道疾患 糖尿病痛風 肥満症など

<所在地>奈良県吉野郡十津川村小原
<交通>近鉄八木駅から特急バス4時間
<泉質>含食塩重曹泉

 

若者達にひと頃「温泉なんて古くさい」と言われたが今は変ってきたようです。距離的に遠く滅多に行けない秘湯というか古い温泉にどれだけ数多く行ったかが自慢のタネで2人から3人、気の合ったグル-プ旅行がちょっとしたブ-ムになりつつあります。

奈良県のはずれ、和歌山県境にほど近い十津川温泉もその一つです。十津川村は琵琶湖とほぼ同じで、奈良全県の約1/5の面積といいます。、広さでは日本一でっかい村です。独立の県立高校もあってスク-ルバスを兼ねた村営バスが走っています。

エンジンをかけ発車間際のバスに、別のバスから「時間だが××さ行くお客さんが一人乗ってるで、ちょっこら待っててくれや」という無線が飛び込んできました。すでに乗っていた客の一人は「俺ら2人○○さんとこさ行くので家の前で停めてくれ・・・・・・」、運転手さん「さっきもそこで停めたんだ○○さんで何かあったの・・・・・・」、何とも微笑ましいのどかな会話でした。

地元の人たちは、京阪神から車で4時間余掛かり、ちょっと足の便が悪くて・・・・と言ってますが、これがいいんですよ。近年環境、環境と言われているが、環境には自然と人工の二つが在るのですから・・・・。

都会はすべて人工だが、十津川には都会にはない、どんなにお金をかけても到底作ることが不可能な、大自然があります。距離的に遠いということは、従来の1泊2日型の休養から2泊、3泊またはそれ以上、滞在型保養にピッタリなのです。

それだけのんびり気分に浸って温泉のよさを知ることが出来ます。温泉は注射や手術で直接病原菌を退治する方法と違い、温泉のもつ作用で身体の機能、つまり抵抗力や調節力を高めて侵入して来た病原菌と闘う力をより強めるためのものなのです。

薬でよくある副作用や外科治療で起こる欠落症状などの心配がありません。また転地効果による開放感、清浄な空気、豊富な紫外線などで日頃のストレスなどは消えてしまいます。

十津川は「こうした温泉本来の、あるべき姿をそのまま保持している素晴らしいところ・・・・」と言えます。

十津川には湯泉地(とうせんじ)、十津川、上湯(かみゆ)とそれぞれ泉質の異なる三つの温泉があり共に清流十津川(新宮川)べりにあって湯量は豊富です。

上流の湯泉地は秘湯の一つ、また上湯は何の飾りもない野趣満点の露天風呂がポツンと1つ。付近の河原はシ-ズンともなればキャンプ場となって若者や家族連れの賑やかな歓声がこだまします。

3年前、村では第三セクタ-でこれら温泉郷の中核となる”昴(すばる)の郷”を作りました。昴にはジェット風呂、サウナ、打たせ湯、寝湯、露天風呂など様々な入浴が楽しめる温泉保養館をはじめ、体力づくりの25m温水プ-ルやテニス、ゲ-トボ-ルなど出来る多目的グランド、また宿泊用ホテルも併設されています。

熊野木材の森林王国だけにこれらの建物は総て見事な木造作り”すばる吹き折れ”と呼ぶ生活の知恵から生まれた紀州独特の軒屋根が美しいです。

村の真ん中を十津川が蛇行していますので橋が多いことでも有名です。大小とり交ぜて80本もあり、うち50余本が吊橋なのです。中でも谷瀬の吊橋は長さ約300m高さ50mでスリル満点です。

歩道専用の吊橋としては日本一という。変ったものでは”野猿(やえん)”と呼ぶ橋の代わりをつとめる乗り物があります。川の両岸にワイヤ-ロ-プを張って、箱を乗せロ-プを自力でたぐりながら向こう岸に渡るという原始的な設備で、若者達に大人気があります。

猿が木枝のつるを渡って行くのと似ていることからこの名がついたと云われてます。幕末の頃、十津川郷土の活躍は華々しいものがありました。

“天誅組”と言えば知る人ぞ知る・・・・です。勤王の志士で、御所警護を勤めていたのですが、朝廷に政変が起こって逆賊となり非運の道をたどりました。

悲劇と言えば、明治22年の大水害による山津波で、村は壊滅的打撃を受けました。一夜にして村の1/3の人たちが田畑もろとも、住む家まで失い、見知らぬさい果ての地、北海道へと移住したそうです。

何もかも第一歩からの村作り、汗と涙で築き上げた町、それが北海道樺戸郡新十津川町だそうです。村役場庁舎前に津田フキ9歳の像があります。少女の像は北海道を向いて立っているそうです。

新十津川町役場前にも津田フキの像が・・・・、生まれ育ったふる里、南の十津川村に向かって立っているといわれます。碑文には「残るも行くも明日に希望の灯を掲げながら・・・・」と書かれています。

“北へ行く旅人たち”と題する新十津川物語は、北海道開拓の先駆者となった十津川村の人たちの苦難と栄光の根性ドラマです。主人公の少女、津田フキは”第2のおしん”です。

「おおきに、また来てくれえらよ・・・・」心なごむこの言葉です。

十津川温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください