温泉の種類

スポンサーリンク
Pocket

 

温泉とは

温泉(おんせん)は、地中から湯が湧き出す現象や湯となっている状態、またはその場所を示す用語である。 その熱水泉を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれます。

熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。 含まれる成分により、さまざまな色、匂い、効能の温泉があります。

1、源泉温度が25℃以上であること。

2、「リチウムイオン」「水素イオン」「沃素イオン」「フッ素イオン」「メタけい素」「重炭酸そうだ」など19の特定の成分が1つ以上規定値に達しているもの。

(成分の総量も規定に含まれるので、19種の特定成分というよりは、「19の条件」のうち1つでもあてはまれば「温泉」と言った方が正確です)

源泉温度が25℃以上あるか、それより冷たくとも19の特定成分が1つでも規定値に達していれば、「温泉」と名のれるのです。
温泉はあたたかく、効能成分たっぷりなものというイメージとは違います・・・・。入浴でもっとも気持ちの良いと言われる風呂の水温は42℃と言われているため、温泉地の大浴場はほとんど42℃前後に設定されています。

ぬるい湯に長くつかりたい方は、「温泉」を選べばよいですし、刺激に弱い方は、適温に加熱した「冷鉱泉」「低温泉」を選べばいいのです。温泉の効果と聞くと、つい含まれる成分が気になりますが、温泉の効果はそれだけではありません!

温泉には、「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」があります。

温熱作用とは、温泉の熱によって新陳代謝が活発になり、体内の老廃物を汗などに代えて体外に排出させたり、免疫力を向上させたりする効果のことです。

水圧作用とは、水の中に入ると体の表面に水圧がかかり、体が縮んで肺の容量が少なくなることで、これを補おうとして呼吸数が増え、呼吸運動や心臓の働きを促進させる効果のことです。(※逆に、心臓病や呼吸器系の持病がある方は注意しなければいけないことでもあります。)

浮力作用とは、筋肉の痛みや硬さなどもお湯の中では浮力により体重が約9分の1になるので和らぐというものです。関節や筋肉への負担が減るので運動障害のリハビリに役立ちます。

一定の成分を含み、治療の目的に供しうる鉱泉を特に療養泉と呼び、この含まれる成分によってどの病気に効果があるのかが分かってきてます。

入浴だけでなく、温泉を飲む「飲泉」も昔からありますがこれも同じです。日本では現在、温泉の泉質は11種類に分類されています。この11種類でそれぞれの効果があるそうです。

療養泉だけでなく普通の温泉でも、体の適応能力や調整能力・免疫力を高め、血行を良くし、ホルモン分泌や自律神経が調節されるなどの効果は確認されています。

日常の環境との生活環境の変化により、開放感、独特の時間の流れ、自然環境、温泉地の雰囲気など、普段とは違う環境になることで精神面に効果があるそうです。

温泉にいくことによって、温泉は人間の心身に大きな効果をもたらしていると言えます。

詳しくは、こちらのサイトで説明されてます参考にされてください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です