由布院温泉(大分県)

スポンサーリンク
Pocket

 

神経炎 疲労回復婦人リウマチ性疾患 科系疾患胃酸過多症

<所在地>大分県大分郡湯布院町
<交通>久大本線湯布院駅から徒歩15分 別府市からは亀の井バス、大分交通バスで1時間
<泉質>単純温泉

 

yufuin.jpg

 

由布院は緑がひときわ美しく山ふところに抱かれた「出湯の里」という言葉がピッタリ似合います。一度訪ねた人なら誰もがきっと「いつまでもこのままそっとしておきたい温泉地」と言うこと請け合いです。

町を歩くと由布院と湯布院の二つの看板に出会います。湯布院は隣の湯平村(ゆのひらむら)と町村合併したとき、両町村の「和」を深めるため、湯平村の湯を上につけた新町名だそうです。

「心を合わせてきれいな町を作ります」という町民憲章も生まれました。「ゆふいん」には由布院・湯平・塚原の三つの温泉地があります。

湯平は胃腸の湯、塚原は皮膚病によく効く温泉として知られてます。由布院は奥別府、また九州の南軽井沢と呼ばれ、自然と人間が融合して「健康を創造する町づくり」を合言葉に町ぐるみ運動が起こっています。

日本人はみんな風呂好きです。風呂に入れるかどうか?「風呂はまだだめ」と医者に言われて、自分はまだ病人かと落ち込み、逆に手術後間もなく「風呂に入ってもいいよ」と言われると、たちどころに目がイキイキして、病が治った気分になる。

風呂に入れるかどうかが病人であるかどうかのバロメーターみたいなもの・・・・。泉質にも依りますが、傷そのものにさわりがないどころか治癒促進効果もあり、それに患者心理と相まって、むしろ回復にスピードが加わるそうです。

病気はたとえ同じ病名でも十人十色、そこに適切な温泉浴を併用したら、その治療効果は時としてびっくりするような回復を見せることも、温泉に気候風土が微妙に絡み合って五感を刺激し、心身ともにリフレッシュできます。

由布院は、のどかな田舎風景の中に住宅があり、商店と野趣に富んだ温泉宿がひっそり見え隠れします。辻馬車がトコトコ通り、町の人はみんな親切でぬくもりの心が伝わってきます。安心して訪れられる町、由布院ですが、ここまで辿り着くには切なく長いトンネルがあったそうです。

昭和50年九州中部地震に襲われ、ホテルや道路、農地は崩壊して、由布院はもう立ち直れないと言われるほど打ちのめされたとのことです。

この災害からいち早く立ち上がったのが旅館関係者でした。「辻馬車を走らせる」馬力のある対州馬を買い入れ、ホロ馬車で町内の名所を巡らせました。発想の転換、禍いを幸せにひっくり返す力がこの町にあります。

高度成長といわれた時代、町内の原野山林に大手企業が分譲別荘やレジャー施設の開発の手をのばしてきたそうです。自然と人間の調和を合い言葉にしてきた町の人達は、ふるさとを守るためにはどうしたら良いか、連日、論議が続いたそうです。

考えた結果が・・・・そうだ牛がいれば牧場が必要、牧場を作れば原野は守れる。しかし現金収入の少ない農家に急に牛を買えというのは無理なことでした。この資金作りで考えついたのが「牛一頭牧場」だそうです。

都会の人に5年契約で20万円の出資をしてもらい、そのお金で農家が牛を買い期間内に生まれた子牛を売って出資金を返済する、利息は毎年新しい農産物を送る。

契約期間が終われば親牛となった牛が農家に残るといったユニークな仕組みです。利息代わりの農産物作りが「一村一品」運動につながるなど思いがけない収穫もあったそうです。

今度は高齢化社会に向けた健康づくりの「クアオルト」(保養温泉地)の実現に踏み出し・・・・延べ2500平方メートルの建物は、木造イメージの平屋建てに、敷地2キロメートル以内は自動車の乗り入れ禁止をして、自然に優しい公害も騒音もない電気自動車の走る町にする計画といいます。

由布院温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です