湯来・湯の山温泉(広島県)

スポンサーリンク
Pocket

神経痛関節痛 痛風動脈硬化 高血圧胆のう胆石症 慢性消化器病病後及び疲労回復 健康増進など

<所在地>(湯の山)広島県佐伯郡湯来町湯来
<交通>広島バスセンタ-から直通80分、湯来~湯の山は車で10分
<泉質>単純弱放射能泉

 

yunoyama.jpg

 

 

温泉ならどこでもいいというのはあまりほめた事ではありません。自分の身体に合った温泉を先ず選ぶことが大切です。温泉はリハビリなどの療法に積極的にとり入れられて効果をあげていますが、療法にならない前の病気予防のための休養、保養に利用するのが一番賢い方法だそうです。

日本式サウナの原形と言われる温泉は特別なものを除いて薬と違い薬害もなく、温泉地に来たというだけで転地解放感があり、軽いストレスなら消えてしまいます。

病気になってから、慌てても遅い・・・・成人病、特にいろいろな病気を引起こす糖尿病、初期の頃は、ほとんど自覚症状がないから始末が悪いです。

温泉は天然のものが一番ですが、天然とほとんど変らない成分の人工浴剤も出回っています。日頃家庭でのんびり温泉気分に浸るのも・・・・。

温泉は手術や注射と違って即効性はありません。漢方薬的性質のものだから、時間をかけて生活リズムの中にとり入れる事ができれば・・・・。

これといった特別の景色もないが、山懐に抱かれた心休まる静かな佇まい。この自然と清流、それに澄んだ空気が「うまい」と感じる温泉です。

歴史は古く、約1200年前、一羽の白鷺が飛んで来て温泉の在りかを教えてくれたという開湯伝説があります。

町の人は互いにみんな顔見知りだから、旅行者は一目で分かるそうです。何気ない素朴な挨拶の一声は、温泉以上に心ぬくもり、”親切”に癒されます。

湯来は温泉の少ない広島県では貴重な存在です。温泉はラドンを含んだラジウム泉で数少ない泉質の一つです。

放射能泉は、飲泉が主体で、それも湧出口で飲むのが原則です。ビン詰めにして持ち帰っても効果は薄くなります。

俗に”痛風の湯”と呼ばれ、オシッコの出がよくなるので、療法では高尿酸血症や慢性の尿路炎症、痛風、糖尿病などに効くと言われてます。

俗用で腎機能が改善され、鎮静作用もあるので神経痛やリウマチ、神経マヒ、自律神経の過敏症に効果があるそうです。

湯来から少し離れた山合いに、湯の山温泉があります。もともとが姉妹温泉です。湯来同様古い歴史を持ち藩政時代から湯治場として栄え、今もその面影を残しています。

山からの流れを利用した、打たせ湯が自慢でマッサ-ジにかかるより効果があると療養、保養をかねた、働き盛りの中年の人達で賑わっています。

両温泉の近くには、石ヶ谷峡があります。約7Kの峡谷で新緑と秋の紅葉は素晴らしい森林浴のハイキングコ-スです。

広島から車で45分の別天地だけに、湯来・湯の山温泉を泊地にして日本三景の一つ、海上に浮かぶ朱塗りの大鳥居、色鮮やかな回廊建築の宮島厳島神社は必見です。

広島は、世界の平和を祈る人々の聖地でもあります。平和記念公園の原爆ド-ムの前に立つと、ひとりでに頭が下がさがります。

美しい瀬戸内の旨いもの食べ歩きは、贅沢過ぎる散策コースかもしれません。

湯来・湯の山温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です