湯の児温泉(熊本県)

スポンサーリンク
Pocket

湯の児・・・・神経衰弱慢性関節リウマチ 痛風慢性胃カタル 胃酸過多など
湯の鶴・・・・慢性関節リウマチ高血圧症 動脈硬化症糖尿病

<所在地>熊本県水俣市湯の児
<交通>JR鹿児島本線水俣駅からバス25分
<泉質>含食塩重曹泉(湯の児) 単純硫化水素(湯の鶴)

 

yunoko.jpg

 

鶴は千年、亀は万年と言われ亀は昔から健康長寿の縁起のいい代名詞になっています。何があっても、慌てず、あせらず、じっとガマンしているその仕草は、したたかな根性の持ち主です。

その亀にあやかって、水俣市は”亀の里づくり”の宣言をしました。水俣病は日本はおろか世界にその名が知れ渡りました。

長くてつらい悲しい出来事でした。それだけに健康に対する思い入れが人一倍強い。市議会も「健康こそ、市民が最も願っていること」と、全会一致で賛同の採決をしたそうです。

目の前に広がる不知火海は鏡のように今日も静か・・・・。名物、太刀魚釣りのシ-ズンが始まり、釣舟からは「釣れた、また釣れた」と、歓声があがっていました。船頭さんが道具やエサを準備して釣り方を教えてくれて、5尾以上釣れると”初段”の免許状が贈られるそうです。

亀の里構想は、見晴らしのよい海岸台地の一角にあり、湯の児温泉の陳情が始まり、隣の鶴の飛来地、出水市と県境を越えて手を組み、出来ることから何でもやろう・・・・と、地域おこしに意欲的な意見がポンポン飛び出す。

湯の児は海から湧き出る温泉だから、いわば子供ということで名付けられたものらしい。親亀がこけたら、子亀もこける・・・・。イヤッというほど思い知らされました話す。亀の里づくりには多くの知恵者を集めていますが・・・・。

何も言わないのに「あの赤い屋根が岡川先生の病院です。人望があり、人のためには身体を張っても尽くしてくれる人、こういう人を偉い人だと、私は思っています。先生は本当に偉い人です」と・・・・。

専用のチャ-タ-船で週2日天草の離島の無医地区の人たちの健康を守り続けて、お金なんかどうでもいい、早く良くなって働けばお金は稼げる。しかし命は一つだけじゃ、無理しちゃいかんぞ・・・・。

時化の日も、急患ともなれば命がけで船を出し駆けつける。島の人たちは先生を生き神様と呼びます。

湯の児温泉は、大海亀が浜辺で湯あみをしていたことから発見されたとも言われ、別名亀の湯とよばれています。

水俣には昔から亀との縁が深く総鎮守の浜八幡宮を町の人は亀八幡と呼び、隣接する武道館にも大きな銭亀石とカメの池の見事な庭園が作られています。

楽しみながらの健康作りが温泉の人たちの合言葉です。風呂にもそれぞれ趣向が凝らしてあり、甘夏をどっさり湯槽に浮かした”甘夏風呂”は人気の的です。

含食塩重曹泉の温泉は湯ざめしない、ポカポカ温まった身体は自然と目の前に浮かぶ甘夏に手が「ワ-、おいしい~」食べた残りの皮で肌をなでるとつるつるになり、ご婦人たちには大人気です。

湯の児は海だが、水俣にはあと一つ山側に”湯の鶴”温泉があります。泉質は単純硫化水素泉で、慢性関節リウマチ、神経痛、動脈硬化、糖尿病などに効能があることから、長期滞在の湯治旅館が数多くあります。

自炊なら一泊格安料金で・・・・。湯治の宿は、年配者好みの静かなたたずまいであります。周囲には、昔、粉などを挽いて活躍した大きな水車が、ゆっくりのんびり回ってその勇姿が今も残っています。

湯の児温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください