湯の峰温泉(和歌山県)

スポンサーリンク
Pocket

慢性湿疹 苔癬慢性消化器病 痔疾

<所在地>和歌山県
<交通>紀伊本線新宮駅よりバスで1時間
<泉質>含重曹硫化水素泉 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉

yunomine.jpg

 

そっとしておきたい天下の古湯です。古い温泉というのもピンからキリまで全国各地に点在しますが、中でも別格扱いの温泉が湯の峰では・・・・。第13代成務天皇の御代に発見されたと開湯伝説が伝えられ、平安から江戸時代に掛て”蟻の熊野詣で”と言われたほど信仰を集めました。

熊野本宮大社へ参拝する人々が、お参りの前に身を清めた湯垢離(ゆごり)場として知られています。文化14年(1817年)上州草津角力の名で出された、全国温泉番付では大関(当時横綱はない)の上をゆく”立行司”役に・・・・。またその後の効能番付では”勧進元”に、その名を留めています。天下の古湯の貫祿十分です。

湯の峰温泉にはシンボルが3つあります。一番目は、ご本尊が湯の花の化石で作られている湯胸薬師堂です。二番目が、そのお堂の下の川原に湯煙りをあげる源泉の湯筒があります。

93℃の熱湯が湧いていて町の人達がいまも野菜や卵をゆでたり、お茶の湯にしたり、冬は湯タンポの湯となって重宝しています。

三番目が1日に7回色が変わるという”つぼ湯”です。歌舞伎でおなじみ小栗判官ゆかりの日本一小っちゃな露天風呂で、岩をくり抜いた湯船となっています。

盗賊に毒酒を盛られた小栗判官助重が、遊女照手の、か細い手で引く荷車に乗せられて険しい熊野の山道を越え、毒消しに効く湯の峰の”つぼ湯”で湯治して全快したという物語りとして伝えられてます。

ご飯もみそ汁も、ヨ-グルト、熊野牛のしゃぶしゃぶのたれ、煮物、蒸し物すべてが温泉で調理したものだという。源泉の湯筒では、卵は7分で半熟、15分で完熟と、好みのゆで卵を作ることが出来るそうです。

泉質が食物の消化によい重曹や硫化水素を含んでいるので一味違った料理が味わえます。温泉でゆっくり身体の外から、また内から山の料理、健康料理で湯の峰を充分に味わってもらうのだそうです。

熊野本宮大社を結ぶ熊野古道は、山深い杉木立の中に続く難行苦行の歴史の道です。紀州路に海路陸路の入り方で、大辺路、中辺路などいくつかのル-トに分れていますが、中でも京の都から端を発した中辺路は歴代天皇の御幸道だったことから史跡も数多く残っています。

湯の峰からの古道は、約2kmと短いものの、大社側には厳しい登りが立ちはだかり、短い間に、月見ヶ丘神社、峠の鼻欠地蔵、湯峰王子等の見所も点在しています。

史跡”九十九王子跡”の一つ、「湯峰王子」が、長い道中の一夜の宿とした跡地と言われ、ときには歌会など開いて旅の疲れを癒したところと云われてます。

古道の入口に、一遍上人「爪書き」の碑があります。戦国時代、刀を捨てて僧となり、熊野本宮大社で百日間の”行”の末、大社のお告げを受け辻説法で全国に念仏を広めた、時宗開祖の人です。

遠く過ぎ去った歴史とロマンを求めてか、近年、資料を片手に、古道を訪ねる若者たちが増えているといいます。

出産男子は”温泉がゆ”を食べてお詣りする、本宮大社は14柱の神々を祀る桧皮ぶきの荘厳な社(やしろ)です。

出雲の国で山岐大蛇(やまたのおろち)を退治した神様が主祭神であることから、信者で男子が生まれると、健やかに育つようにと願いをこめてお詣りすそうです。

湯の峰温泉で湯垢離をとり、温泉の湯で炊いた”温泉がゆ”を食べる習わしは、昔も今も変わりません。また神使の八咫烏(やたからす)は、とくに有名で神武天皇の神話で伝えられる縁起から交通守護神として信仰の輪を広げています。

湯の峰温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください