湯涌温泉(石川県)

スポンサーリンク
Pocket

(浴用)神経痛 筋肉痛 関節痛 創傷 火傷 慢性皮膚病 慢性婦人病 動脈硬化症 病後回復 疲労回復
健康増進 虚弱児童ほか
(飲用)慢性消化器病 慢性胆のう炎 胆石症 肥満症 糖尿病 痛風など

<所在地>石川県金沢市湯涌温泉
<交通>JR金沢駅からバス40分
<泉質>ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

yuoke.jpg

 

薬草の宝庫と言われ、金沢の人達の健康を守ってきました。医王山(いおうざん)の山懐に抱かれた静かな環境の温泉町です。ほんのり湯の香りが漂う健康リゾ-ト、これが湯涌温泉です。

傷ついた一羽の鷺が飛び立った、その跡に湯が湧いていたと伝えられ。また白山を開いた泰澄大師が発見したとも伝えられています。、開湯の祖として大師自作と言われる薬師如来像を祀ったお堂があります。

いずれも遥か昔のことですが、藩政時代は加賀百万石前田藩主の隠し湯治場であったそうです。夢を求めて生涯さすらい人生をおくった云われ、大正ロマンの詩人で画家でもあった竹久夢二が長逗留していたことで世に広まったと云われています。

三方を山に囲まれて冬暖かく、夏は涼しい。このことから金沢の軽井沢と言われ、賓客をもてなす奥座敷的存在です。湯涌温泉を知って「いいとこ見つけた」と素朴な味わいのある雰囲気が受けています。

江戸時代から氷室の節句〈旧暦6月1日〉があり、加賀藩では毎年氷室に蓄えた白山の雪を将軍家に献上していました。これが庶民の間に広がり、夏越しの体力を養うため麦饅頭を作り”氷室の饅頭”として一般家庭で、また嫁入り先や親しい人に届けたり、会社商店では従業員に配る風習が残っています。

氷室はいわば夏に備えた雪氷の冷蔵庫です。夏バテ防止、健康第一を思う庶民の願いをこめた知恵です。北陸には有名温泉地が数多くありますが、温泉に泊まって帰るという一泊観光型がほとんどです。

温泉は地獄の病気にならないために利用してほしい。人間いつかは年をとり高齢化社会の仲間入りをします。そして次に来るのは病気です。大半がいわゆる成人病で、高血圧、心臓病や脳血管疾患が多いそうです。

これは共に血管がもろくなって起こる病気だから、のんびり温泉に浸って血行をよくするよう心掛けたらいいと云われてます。年に1回2、3週間の湯治で若返ることが・・・・。

今の高齢化老人福祉事業は、残念ながら病気になった人達だけが主な対象になっています。病気は待っていてくれない。だから自分の健康は自分で守るということが・・・・。

湯涌は昔の湯治場形態が残っています。新しく温泉団地も出来ていますが、共々健康志向を目指しています。1~2泊の客に交じって長期滞在で、じっくり湯治の年配者が多くなっているそうです。

“夢二の宿”からカラコロ下駄履きで、ちょっとの所に玉泉湖があります。南欧風のコロニアル様式を取り入れた湯涌温泉の代表ホテルが、湖面にエキゾチックな美しい姿を映し山の緑に鮮やかな朱塗のあづま橋が見事に調和しています。

ワラ葦屋根の氷室もここにあります。少し離れた所に封建制度の武家屋敷や町人文化の明暗二相を往時の建物で表わした江戸村や、国指定の重要文化財など加賀伝統工芸の製作用具約1万点を展示した檀風苑があります。

金沢と言えば名勝兼六園です。広さ11万5000平方メ-トル、約150種、12,000本の樹木は、杜の都金沢の顔である。最も大きい霞ヶ池の徽軫(ことじ)灯篭は兼六園のシンボルです。

徽軫灯籠は足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたと言われています。。

子供を連れた雁一家の飛行姿を表わした雁行橋。また園内の高低差を利用した噴水は、日本最古のもの。”宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望”の六勝を兼ね備えた名園ということから兼六園と名付けられたそうです。

湯涌温泉おすすめ宿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です