肥満症の原因と治療法

スポンサーリンク
Pocket

肥満が嫌われるのは外見的な理由から?

男女問わず太ることを気にしている人が多いのは、肥満が外見的にマイナスであるという認識が強いためです。太っているのは美しくないというわけです。

とくに若い女性などは、肥満に対し異常なまでに敏感になるあまり、必要以上に急激で過剰なダイエットを行い、健康を害することもあるほどです。

男性の場合でも、コレステロール値が高いと欧米などでは、肥満イコール自己管理能力の欠如とみなされてしまいます。

このように外見的に嫌われる肥満ですが、太っていても健康面でとくに問題がなければ、それほど気にすることはありません。事実、外見的に太っている人のほうが、健康そうにみえます。

しかし、現実はまったく逆です。肥満は、生活習慣病(成人病)など死を招く可能性のあるさまざまな病気の原因となる恐ろしい状態なのです。

肥満による外見的なマイナス面よりも、健康的なマイナス面こそ問題にすべきなのです。

肥満とは、簡単にいえば体脂肪の割合が多いこと!?

さて、そもそも肥満とは、どのような状態を指すのでしょうか。体重の重い人、太っている人が肥満とされるのでしょうか。

実は、肥満とは単に体重の重さではなく、体内に占める脂肪の割合で決まります。

ですから単に体重が重いからといって、必ずしも肥満とは限りません。現に、レスリングや柔道などに代表される格闘技を行っている選手などは、通常の人と比べ体重があっても筋肉の割合が大変多く、肥満とは見なされません。

肥満とは、あくまで脂肪の割合が多い状態を指すのです。

体脂肪率が男子25%、女子30%を超えると「肥満」です

体内で脂肪が占める割合を「体脂肪率」といいます。

一般的に、この体脂肪率が、男性で25%、女性で30%を超える状態を「肥満」と呼んでいます。

そして、通常、肥満になる原因は、食べ過ぎです。

食事として摂取したエネルギーが、活動により十分消費されれば問題ないのですが、消費されず、あまったエネルギーは、脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

こうした生活が続くことで、肥満になってしまうのです。

外見で分からない肥満度

肥満判定はBMIで簡単にできる

肥満とは、体内で脂肪の占める割合が多い状態、すなわち「体脂肪率」が、男性で25%、女性で30%を越えることをいいます。

とはいえ、簡単に体脂肪を性格に測ることはできません。

そこで肥満化どうかを判断する目安として一般的に使用されているのがBMI(ボディ・マス・インデックス)と呼ばれるものです。これは日本語で「体格指数」と訳されますが、数値の大小によって肥満度を表す一種の体格指数です。

BMIが25%を超えると病気になる可能性が2倍に

BMIは下記の計算式で求めることができます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば、身長160cm、体重57kgの人のBMIは、57÷1.6÷1.6=22となります。

そして、このBMI値が、22の場合を標準体重とし、25異常を肥満としています。

もちろん肥満自体は病気ではありません。しかし、BMIが25以上になると、生活習慣病などにかかる割合が、BMIが22の人の2倍になることがわかっています。

また、肥満自体は病気ではありませんが、BMIが肥満の人で、肥満が原因の病気にかかっている場合、または将来、病気になる可能性の高い場合には、肥満症という病気として診断されることもあります。

外から見える肥満、見えない肥満

ひと口に肥満といっても、脂肪のたまり方により、大きく二つのタイプに分けることができます。

代表的な肥満タイプ

外見からも肥満であることがわかるように、脂肪が腹部、腰、太もも、お尻などの皮下につく「皮下脂肪型肥満」と呼ばれています。

肥満タイプは、外見上、さほど肥満とは思えない人の中にも見られるもので、「内臓脂肪型肥満」と呼ばれています。

内臓脂肪とは

内臓の周囲についた脂肪のことです。腸や肝臓など腹部の内臓周辺に脂肪がつくことが多いため、胴体の中央部であるウエストが太くなります。そのため内臓脂肪型肥満は、別名「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。体型からもわかるように、内臓脂肪型肥満は、とくに中高年の男性に多くみられます。

 

 

スポンサーリンク