AdSense Adsについて

スポンサーリンク
Pocket

AdSense Adsには、Google AdSense専用の広告タイプが付属しています。 AdSenseを表示するためにプレーンテキストタイプよりもこのタイプを選択すると、次のような多くの特別な機能を使用できます。

・ディスプレイ広告、リンクユニット、一致するコンテンツなど、すべての広告タイプをサポート

・広告タグから広告の詳細をインポートする

・通常の広告フォーマットと反応的な広告フォーマットを選択する

・AdSenseの条件違反を防ぐための3つのAdSense広告のオプションの制限
ブラウザの幅に応じて特定の広告サイズを選択します(レスポンシアドオンを使用)

AdSense Adsを設定する

AdSense Adsを設定するには、まず新しい広告を作成し、次の図に示す広告タイプからAdSense広告タイプを選択する必要があります。

タイプを選択すると、AdSenseコードを挿入できる広告パラメータボックスにコード入力フィールドが表示され、詳細の取得をクリックします。 これにより、すべての広告設定が自動的にインポートされます。 また、手動で挿入することもできます。

AdSense Adsタイプ

AdSenseには複数の広告サイズと機能(コンテンツ広告、リンク単位、一致したコンテンツ)があり、アドバンスド広告はすべての広告サイズに対応できます。 AdSenseアカウントまたはアドバンスド広告に新しい広告を作成する際に広告タイプを設定することができます。 いくつかの広告ユニットを別のフォーマットに変換することもできます(例:テスト用)。 ただし、すべての組み合わせが可能ではありません。 次の表に、使用可能な組み合わせを示します。

AdSense Adsサイズ アドバンスド広告の可能なタイプ
リンクユニットまたは一致したコンテンツ 通常、AdSenseアカウントに設定されているタイプを使用します
AdSenseのようなタイプを設定することができます(古いコードではまだ必要です)
特定のサイズの一致したコンテンツ(応答しない) 正常
固定サイズまたは反応的なコンテンツ広告ユニット このユニットを変換するタイプを選択してください。 固定サイズの広告を応答性の高いものに変更する

どちらのタイプを選択するかわからない場合は、[既存のコードをコピー&貼り付け]ボタンを使用してAdSenseコードをインポートしてください。

グローバルAdSense設定

AdSense ID

アドバンスド広告では、広告ごとに同じAdSense IDを使用しているため、グローバルに保存しています。 最初のAdSense広告を作成すると、サイト運営者IDが自動的に保存されます。 ただし、ダッシュボードの[アドバンス広告]> [設定]> [Google AdSense]> [アカウントID]で、サイト運営者IDを見つけて変更することができます。

サイト運営者IDはどこにありますか?

サイト運営者IDがわからない場合は、AdSenseアカウントにログインし、ウィンドウの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。 それは次のようになります。

ここからPublisher IDをコピーできます。

ギアアイコンをクリックすると、サイト運営者IDが表示され、[設定]> [アカウント]> [アカウント情報]に移動することもできます。

AdSenseの広告制限

以前は、ページごとに最大3つのディスプレイ広告を使用することができました。 この特定の制限は、その用語から削除され、柔軟なアプローチに置き換えられました。 ただし、AdSense広告の上限設定は今のところ維持されています。

非常に複雑な広告設定では、3つ以上の広告が読み込まれることがあります。 これが誤って起こらないように、アドバンスト広告では1ページあたりのAdSense広告の数を確認し、最初の3ページのみを表示することができます。 [高度な広告]> [設定]> [Google AdSense]で設定を確認できます。

パッシブキャッシュ無効化やプレースメントテストなどの動的広告配信は、この制限を有効にしても正しく動作しないことに注意してください。

ページレベル広告を有効にする

AdSenseアカウントでページレベル広告を許可している場合は、AdSenseオプションを1回クリックするだけで有効にすることができます。

このオプションをオンにする前に、AdSenseアカウントでページレベル広告が既に利用可能かどうかを確認してください。広告>コンテンツ>ページレベル広告です。

他にあなたが知る必要があるもの

AMPのバージョン

レスポンシブアドオンを使用すると、AdSense広告は自動的に有効なAMP形式に変換されます。 AMP機能の詳細はこちらをご覧ください。

404ページに広告はありません

AdSense用語によると、404エラーページに広告を表示しないでください。 アドバンスド広告は、デフォルトでこれらのページでAdSense広告を無効にします。

この動作を無効にするには、次のコードを使用してwp-config.phpに定数ADVADS_ALLOW_ADSENSE_ON_404を定義します。

define( ‘ADVADS_ALLOW_ADSENSE_ON_404’, true );

Manual – Publishing Ads(マニュアル – 広告の公開)

Advertisement-Label

Display Conditions (prior to 1.7)

Post Content Injection

Hiding Ads

Display Ads

Ad Groups

Start & Expiry Date

Display Conditions

Ad Layout

AdSense Ads

Ad Types

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です