血圧を一時的に下げる裏技

スポンサーリンク
Pocket

 

若い頃は何も怖くなかった健康診断も「40歳以上の2人に1人が高血圧」と言われている現状を考えるときっとこのような気持ちを抱いている人は多いのではないかと思います。高血圧が40歳以上でなくても、30代で高血圧の方がいるのが現状です。

「血圧を一時的に下げる裏技」を紹介しますと、以下のようなものがあります。

1.食べ物によって一時的に血圧を下げる

2.ツボによって一時的に血圧を下げる

3.降圧剤によって一時的に血圧を下げる

食べ物によって一時的に血圧を下げる

「食べ物によって血圧を一時的に下げることなんてできるの?」と思う方がいるかもしれませんが、実は食べ物でも十分に血圧を下げることができるのだそうです。

他にもこのような食べ物やこのような調味料が、血圧に対しての効果が高いので、健康診断がある前々から摂取しておくと効果が期待できるようです。

注意しておきたいことは、基本的に食べ物は即効で血圧を下げる効果よりも徐々に血圧を改善していく効果の方が高いと言われてます。

DHA・EPAサプリメントの「きなり」はこちらの記事を見ればわかるように即効性がかなりあるようです。

ツボによって一時的に血圧を下げる

手軽で即効性があるのがツボを押すことでだそうです。「降圧帯」や「十宣」は場所や時間を問わずに押すことができて、血圧を一時的に下げる効果が比較的にすぐに現れるツボだそうです。

血圧を下げるツボその1 降圧帯

耳裏側の上部、外側のへこんだ場所です。

降圧帯を人差し指のお腹の部分で上下に優しくこすってください。ちなみにポイントとしては両耳を同時に刺激することです。

1度に30回程、1日に3度を目安にこすると効果的と言われてます。

血圧を下げるツボその2 十宣(じゅっせん)

このツボは手の先にあるため、通勤や通学中、仕事の合間やちょっとした時間にできるので最高のツボです。

下図ようにやると押しやすいですよ。

上の図のように手を持っていき、3秒かけて自然に指先に圧力を加えていき、
「少し強いな〜」という程度で、そのまま5秒間ぐらい押し続け、その後、また3秒かけて徐々に指先の力を抜いていく。

これを約3〜5分ぐらいやるのがベストです。

血圧を下げるツボその3 足三里(あしさんり)

高血圧だけでなく、胃を丈夫にして、頭痛,鼻炎,疲れ目にも効果のある万能ツボである「足三里(あしさんり)」です。

膝の皿の外側の凹みから、指4本分下のところにあります。

押す強さとしては「気持ちよい」と感じる程度の強さで押すのが良いと言われています。

時間としては2~3分揉むのが、良いと言われております。

降圧剤によって一時的に血圧を下げる

降圧剤を飲めば確実に血圧を下げることができます。医者に薬を処方されなくとも、個人輸入で降圧剤を買うことはできてしまいますが、絶対にオススメません。

降圧剤は、副作用があります。一時的な利用ですが副作用として発疹、めまい、ふらつき、貧血、吐き気、頭痛、動悸、息切れetc・・・・と言った副作用があります。

降圧剤に関する知識がない人が降圧剤を服用する場合血圧が下がりすぎて副作用が出すぎる危険性が上がります。

降圧剤で血圧をさげて、ごまかすのはメリットがないのでやめましょう。

高血圧の状態をごまかすのは、命の危険に関わります。高血圧の状態を放置しておくと、脳卒中、心筋梗塞、肺梗塞等を引き起こすリスクが非常に高くなるからです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です