日本人は何故に桜の木の下でお祭り騒ぎをするのでしょうか?

スポンサーリンク
Pocket

日本人は何故桜が好きで桜の木の下でお酒を飲んでお祭り騒ぎするのが好きなのでしょうか?

日本の花見の起源は、農村地域で行われていた、山の神信仰による、豊作祈願から始まったとされています。

古代の日本人は桜の花が咲くと、山の神様が里に下りてきたとして、桜の木の根元に酒や御馳走を供え、それを神様と一緒に食べることで、秋の実りを祈る神事でお祭りだったようです。

ちなみに山の神を「サ」と、山の神の鎮座する場所を、「クラ」と呼んでおり、これが「桜」という名の由来となっています。

ところで現在のような花見のスタイルが定着したのは、奈良時代からと言われています。

当時の書物である万葉集に、桜ではなく梅の歌が多く詠まれていることから、奈良時代は桜の花ではなく、中国から贈られていた梅の花を、花見していたようです。

この梅から桜に、花見の対象が変わっていった理由は、中国からの遣唐使が廃止されたことと、御所が火災となり、多くの梅の木が焼失した事がきっかけとされています。

この梅の木の代わりに、山の神と関わり深い桜の木を植えたことで、平安時代の頃に、ようやく桜のお花見が定着したようです。

日本で有名なお花見は?庶民に広まった理由は・・・・?

お花見が大好きな日本人ですが、歴史的に有名なお花見が2つあるのを知っていますか?

一つは812年に嵯峨(さが)天皇が行った「花宴の節(かえんのせち)」です。これは桜の花見の始まりと言われていることもあり、日本にとっては、歴史的に重要な花見です。

もう一つは、1598年に豊臣秀吉が、京都の山城三宝院で行った「醍醐の花見」。1300人も従えた、豪華絢爛な宴だったようで、その様子は、醍醐花見図屏風に残されています。

お花見が、権力者から一般庶民も楽しむ行事になったのは、なぜでしょうか?

これには徳川家が大きく関係しています。実は三代将軍徳川家光が、奈良の吉野山から上野に桜を移植し、桜の名所としたこと。更に八代将軍徳川吉宗が、浅草や飛鳥山に桜を植えて、庶民が桜を楽しめるようにしたこと。

この2人の将軍がきっかけとなり、宴会好きな江戸の人々の間に、現在のお花見スタイルが、定着したと云われています。桜のお花見に徳川将軍が大きく関わっていたとは、ちょっと驚きです。

花を見て心が安らいだり、キレイだと感じる気持ちは万国共通ですが、これに宴会を組み合わせたお花見は、日本独自の風習なのです。

またお花見には、神様と共に過ごすという、深い意味も隠されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください