熱中症になってしまったら・・・・

スポンサーリンク
Pocket

 「熱中症かもしれない」と思ったら・・・・

まずまっ先にしなければならない基本をまとめてみました。いざというときのために、ぜひ、覚えて置きたいものです。

・涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する

・衣類をゆるめて休む

・体を冷やす

・氷や冷たい水でぬらしたタオルを手足に当てる。

氷や冷たい水がない場合は、タオルやうちわ、衣服などを使ってあおぎ、風を送て冷やす。

・水分を補給する

このとき、水分だけではなく、汗によって失われた塩分も補給する必要があります。スポーツドリンクなどを少しずつ何回にも分けて補給します。

軽い症状の場合は、ここまでの処置で良いのです。

気分が悪くなるようなら・・・・

周囲の人にサポートしてもらう必要があります。

※レジャーなどにでかけるときは、タオルや冷たい水を入れた水筒、スポーツドリンクや日陰をつくれるようなパラソル、レジャーシートなどを持参したいです。

筋肉が痙攣しているなら(熱痙攣)

痙攣している部分をマッサージします。また、体の特定の部分(例えば脚など)が冷えているなら、その部分もマッサージします。

皮膚が青白く、体温が正常なら(熱疲労)

心臓より足を高くして、あおむけに寝かせる。水分が摂れるなら、少しずつ薄い食塩水かスポーツドリンクを何回にも分けて補給する。

皮膚が赤く、熱っぽいなら(熱射病)

上半身を高くして座っているのに近い状態で寝かせ、とにかく体を冷却します。首、脇の下、足のつけ根など、血管が皮膚表面に近いところを氷などで集中的に冷やします。

氷がない場合は、水を体にふきかけ、風を送って冷やします。アルコールで体を拭くのも良いです。このとき注意したいのは、体の表面だけを冷やして震えを起こさせないことです。

意識がはっきりしない場合は・・・・

反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。こういった場合はすぐに救急車を呼ぶ。同時に、応急処置をしていこう。

また、意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合の水分補給は厳禁です。また、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう横向きに寝かせます。

症状が回復しても必ず病院へ

回復したつもりでも体内に影響が残っていたり、再発のおそれもあります。熱中症になったら、回復した後でも必ず病院で診てもらいます。

回復後も暫くは静かに過ごします。

熱中症は、回復してしまえば終わり、というものではありません。一説によると、熱中症になった経験のある人は熱中症になりやすいとも云われています。

熱中症で体温が高くなると、大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出て、体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まるという研究結果もあります。

熱中症になった後は、病院を受診して大事をとるとともに、暫くの間は体をいたわる生活をする必要があるようです。くれぐれも「もう大丈夫」とばかりに、翌日からまた活発に活動を始めるなんて無謀なことをしないように・・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です