活用できるは日本人だけ? 海藻の栄養

スポンサーリンク
Pocket

 

日本は海に囲まれた島国なので、古来より農作物や魚とともに、海藻もよく食べられていました。日本伝統の和食には海苔、ワカメ、昆布が欠かせない食材です。

この海藻類の栄養を大いに生かせるのは、日本人特有の腸内細菌叢によるものということがわかりました。

もしかしたら、今、悩んでいるカラダの不調は、海藻の摂取で改善されるかもしれません.

日本人だけが持つ腸内細菌叢とは?

カナダのブリティッシュコロンビア州、ビクトリア大学で行われた研究により、日本人の腸には、世界の他の地域の人々の腸内細菌には見られない、「バクテロイデス・プレビウス」が存在し、海藻を消化する、珍しい酵素を作り出すことがわかりました。

フランスのロスコフ海洋生物研究所からも、似たような内容の研究が発表されています。日本には、先祖がから受け継いだ、素晴らしい独自の腸内細菌叢があったのです。

農林水産省の発表では、若年層を中心に、海藻の摂取量が年々減ってきています。ぜひ毎日の食卓に、取り入れられるように改善されるといいですね。

海藻類に含まれる栄養成分

海苔(青のりを含む)、ワカメ、昆布に関しては、β-カロテンの含有量が、緑黄色野菜以上に含まれています。美容液成分としてよく聞くレチノール(ビタミンAの一種)も含まれています。

β-カロテンは、体内ではビタミンA様として働くので、レチノールとともに、肌細胞や体内の各器官の粘膜を健康に保ってくれるでしょう。

そして海藻は、増粘多糖類に分類されるので、湿った状態でいただくと特有のネバネバとした食感が味わえます。

増粘多糖類は、肌組織のヒアルロン酸量を増やすお手伝いをしたり、各器官の粘膜を健康に保つ作用も期待できます。

他に、女性に不足しがちな鉄、カルシウム、葉酸、クロロフィルなどのミネラル類や栄養成分も含まれます。貧血や冷え対策にもいいのでは・・・・。

海藻には日本人の健康を体内から守り、美肌へと導く作用も期待でききます。

海藻をムリなく毎日食べよう

20~30年前までは、日本の食卓では、おかずが洋食であっても、昆布で出汁が取られた味噌汁や、ご飯を海苔と共に食べたりして、毎日のように海藻を食べていました。

日本の食文化に馴染んだラーメンにも海苔が・・・・、焼きそばやお好み焼きにも青のりが必需品、とB級グルメにも欠かせない存在です。

海藻は海苔、ワカメ、昆布の他に、ヒジキ、もずく、寒天などもあります。少しの工夫で毎日食べる習慣を・・・・。

  • 昆布

味噌汁の出汁に入っていますので、目には見えていませんが、お味噌汁を飲めば昆布エキスが摂取できます。

  • わかめ

お味噌汁の具として定番ですが、海藻サラダや酢の物、ラーメンのトッピングとして食べやすいでしょう。

  • 海苔

おにぎり、巻き寿司、ラーメン・蕎麦・うどんのトッピングに

  • 青のり

トロロご飯、焼きそば、お好み焼き

  • もずく

もずく酢が一般のスーパーやコンビニで買えます。リーズナブルなので、料理を1品増やしたい時にオススメです。

  • 寒天

あんみつ、ようかん、寒天ゼリーなど

食べ物の栄養を取り入れるのは、まず小腸です。

日本人特有の腸内細菌叢「バクテロイデス・プレビウス」が存在する。海藻を消化する酵素が、海藻の栄養成分を十分、体内で活用してくれます。

人間は、その国々で気候風土が違うので、ストレスを感じない食材を食べるのが健康や美容をキープするカギとなるのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です