自炊するには、言うまでもない話だけれど‥‥

スポンサーリンク
Pocket

 

自炊の道具:持参すべきは食材と調味料のみ‥‥?

自炊可とある温泉宿でも自炊道具の数や種類は宿によってまちまちです。 キャンプ場などにあるような炊事場のように広い場所を有するところから、ワンルームマンションの台所のような狭いところまで、タイプはいろいろです。

冷蔵庫が部屋にあるか、共有なのか、全く無いかについても宿によって違いますので事前に確認する必要があります。宿によっては食材も近所で調達できない場合もありますので宿に聞きたい事項です。

自炊可と云う宿では包丁などの調理器具と食器は貸してもらえるのが一般的ですが、誰が使ったかもわからない食器を使うのに抵抗がある人は食器や道具類は持参する必要があります。

昔ながらの湯治宿の伝統を守り続けているようなところでは、 調理器具の種類も数も揃っているので、他のお客さんとの取り合いになることもありません。
昨今では、自炊するお客さんも少ないので、あまり気にすることはないですが‥‥。

絶対に持っていった方がいいもの:

食材は現地で調達するのが新鮮でおいしいものを手に入れられますが、調味料だけは自宅から持参しましょう。自宅で使っているいつもの醤油やみそを宿泊日数分小分けにして持って行きます。

市販の油は密閉容器ではなかったりするので、新しいのを開栓すると中身が残った物を持って帰るのは不便ですし、他の宿泊客に「使ってください」とおいて帰る方もしばしば‥‥。塩や砂糖なんて1キロ単位で買ってもしょうがないし、ばかばかしいです。

必ず持っていく調味料

醤油、ポン酢、みそ、油、塩、こしょう、砂糖、だしの素、かつお削り節鷹の爪、ごま、七味唐辛子、にんにく1~2かけ(わさびなどは万一刺身を買ったら‥‥)

持っていくと便利なもの:菜箸、ふきんなど

基本的に食材は現地調達したいですが、季節の地の食材を購入してから温泉に行くことが多いので、調理法はシンプルです。

ラップなどは宿の台所に置いてある場合もあるので、共同の物を使わせてもいます。吸い物などはまとめて作って保存してます。 1ヶ月、2ヶ月と湯治するならともかく数日ならば‥‥。

逆に持ってきてよかったといつも思うのはタオル類です。温泉だからお風呂用のタオルはもらえるけどふきんはありません。台ふきはともかく、ふきんは炊事場においてあるのを使うのは抵抗があります。

滞在中に使うお皿は部屋に確保しておく宿も多いので、ほこりよけにかけたりするのにも使えます。鍋つかみなんて気の利いたものも普通はありませんから、そういう用途にも使えます。

箸類は最初のうちはコンビニでもらった割り箸を何膳か持参しましたが、
さすがに調理には短すぎて困るので菜箸を持っていくようにしてます。
菜箸は炊事場にあることが多いですが‥‥

持っていくと便利なもの

湯治客の中には食事はボンカレーなどの即席カレーや缶詰などで簡単にすませ、湯治にのみ専念する方も見かけますが(家族連れでもこういう人多いです。)、折角旅先に居るのだから地元の食材も食べてみたいです。

私は、宿に入る前に必ず地元のスーパーや産直市場で食材を仕入れます。
旅行気分も味わいたい、料理なんて致しません。

パスタ、うどんなどの乾麺とインスタントソースなどをアレンジして市販のトマトソースに地元で手に入れた野菜などをプラスしたりして‥‥

うどんやラーメンなどはその土地の名産品を購入するのもいい、スーパーに行くと、絶対自分の家の近所とは加工食品のラインナップが違います。食べておいしかったら、土産に買って帰るのも‥‥‥。

特にお昼は簡単に。地元の食堂で名物料理を食べて、あとはのんびりしましょう。

持っていくと楽ちんな手抜き用食材

乾麺(うどん、そうめん、そば、パスタ)インスタントソース(ミートソース、ホワイトソース)だし醤油、おでんの素(作ってもいいが、持っていくと手抜きができます。)

スーパーには地元の人向けの食材が数多くあります。それらを購入し、足りない具材をプラスすれば宿で名物グルメが‥‥。自分の地元とは全く違う味覚を、楽しめます。

 

ほかにも最近はあちこちでB級グルメで町おこしに力を入れていますので適度に手抜きをするつもりで行けば、持参する調味料も最低限で済ます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です